相談&回答

約7分で読めます。
※相談&回答を読んだ時の目安時間

どうしたらいいのかわかりません。

ご相談者:20代/女性

心配性なところがあり、新しい環境に不安を感じたりします。緊張しやすく、これまでに2度ほど緊張しすぎて倒れたことがあります。気が弱く、頼まれごとをされると断れないような性格です。

(私は今年の3月に大学(美術系)を卒業しています。)
去年の3月(就職活動が解禁された時期)、就職活動が初めてだということと卒業制作への不安、それからこの時実家に帰省中だったというのもあり、「私だけ就職活動に出遅れてしまった」という焦りなどから眠れなかったり食欲不振になったり…と軽く精神を病んでしまっていました。関東に戻ってからも、電車の中で具合が悪くなることが多くなり、スーパーなどの会計待ちの時間を苦痛に感じたり(動悸・冷や汗・気持ち悪さを感じるなど)するようになり、余計に病んでしまいました。就職活動だけではなく、卒業制作でも制作が思ったように進まず頭を抱えていました。ですが、何だかんだあり少しずつではありますが食欲不振も回復し、家族や学校の友達の支えもあって少しずついつもの自分を取り戻しつつありました。

しかし、卒業間近(今年の2月頃)に、トラブルが起こりました。友達だと思っていた人から裏切られました。その人にとって私は友達ではなくただの「都合のいい人」だったんだと悟ったとき、怒りがこみ上げてきてその人のことで頭がいっぱいになり、気持ちも重苦しくなりました。同時期に同じような悩みをかかえていた友達と励まし合ったり、他の友達に話を聞いてもらったりなどしてイライラを晴らしていたのですが、また別の友達にも裏切られました。卒業式当日にです。

その日以来、またご飯が食べられなくなりました。お腹は空くのですが、いざ食べようとすると、喉のあたりが食べ物を受けつけず、飲み込んでも気持ち悪い気がします。「人前で吐いたらどうしよう」と思うと外出するのも怖くなり、そのせいで嘔吐と外出に対して恐怖を抱くようになりました。電車にも乗っていられず、会計待ちを苦痛に感じる日々が戻ってきてしまいました。人が怖くなって人目を異常に気にするようになり、人通りの少ない道を選んで歩いたりしています。

最近親と連絡をとることがあり「最近どうしてる」と聞かれたので、今の自分の状況を伝えると、「何もしてないのなら帰ってこい!」と怒鳴られました。私の伝え方も悪かったと思います。しかし、あまりにもショックで涙が止まらず、2~3日両親からの連絡を一切無視しました。物凄く心配をかけてしまったという罪悪感が凄かったです。今ではメールなどでやりとりはしています。しかし、今までのように自分から電話をかけたりすることはなくなりましたし、かかってきても出なくなることが多くなりました。気分が悪くなるんです。食事の後は特に。最近では電話がかかってくることに対しても恐怖を感じます。家族からでも親しい友人からでも怖くて躊躇してしまいます。

就職活動をしなければいけないのに外出が怖く、電車に乗れないので遠出もできません。お金が稼げないことで、年金や奨学金返済、家賃などお金関連の焦りや不安も強くなる一方です。

私は、元のように生活できるようになるでしょうか。ご飯を美味しく食べられて、電車にも乗れて、職に就き、いろんな場所に遊びに行ったり、家族で食卓を囲んで楽しく談笑しながら食事をしたり、友達とランチしたり、ゆっくりと買い物をしたり、電話で談笑したり…そういった日常を取り戻したいです。

親にも話せず、友達も就職したばかりで話しづらく、こうして相談させていただきました。助けてください。正直心がダメになりそうです。

20代/女性 | 日付:2017年7月29日(土) 01:32 JST | 閲覧件数: 174

「うまくいかない自分」をゆるすというか、認めてあげませんか。

トラウマ(心の傷)とPTSDの専門家 百世 安里

こんにちは。いじめとトラウマの専門家、百世です。

お返事お待たせしてしまって、ごめんなさい。
とてもしんどい思いをされていますね。

原因として考えられることは、あなたが書いてらっしゃるように、
就職のことやお友達の裏切り、親御さんの反応いろいろあるでしょう。
社会に出る不安もあるかもしれません。


拝読して感じましたのは、自責の念が強いのかなというところです。

あなたはある意味完璧主義なところがあり、責任感も強い方でしょう。


世の中、うまくいくことばかりじゃありませんよね。

いいこともあれば、嫌なことやうまくいかないこともいっぱいありますし、
他人の思いは、こちらの思いとは行き違うこともあるでしょう。

でも、世の中には信頼してた人にお金を持って逃げられたり、
責任をなすりつけられたり、いじめなど、もっと酷いことがたくさんあります。

だから、我慢しましょうというのではないんです。
嫌なことも人生には起きるもの、

できることは、それによって「自分が受けるダメージを減らす」

そして「なるべく早く回復する」ことではないでしょうか。


責任感の強い方は、うまくいかないことに対して「許せない」ところがあります。
それは相手に対しても、自分に対してもです。

まず「うまくいかない自分」をゆるすというか、認めてあげませんか。

うまくいかなくてもいいんだって。
全部うまくいく人なんて、この世にいないんですもの。
うまくいっているように見える人だって、影では人に言えない苦悩を抱えていたり。

私も不妊症だったことから、一生結婚はできないと思っていました。
だって、相手に子供のいない人生を押し付けてしまいますからね。


あなたの投稿の中で、いいなと思ったところがあります。

それは、こうなりたいという希望を書かれているところです。
「ご飯を美味しく食べられて、電車にも乗れて・・・買い物したり」
それって、ちゃんとなりたい方向性があるってことです。

だいじょうぶですよ。

一つずつ、「自分にOK」を出してあげてください。

できていないところじゃなくて、

「どんな小さなことでも」いいから、できたところを自分で認めてあげる。

たちえば、近所のコンビニまで外出できただけでもいいんです。
そこも行きにくかったら、近くの公園でもいいんです。
あー、外出できた自分って、ちょっとやるじゃん!と(笑)。


そして、心配性というのは、一つの才能です。
ある武将が、怖がりで戦えない兵士を諜報役にしたところ、
あらゆる情報が集まったそうです。

芸術系の大学ということで、ご自身の個性を活かされた進路で
素晴らしいですね。そういう方は、みんな口にしないだけで、とても多いのだと思いますよ。
あなたのその才能を、どうか嫌わないでください。


最後に、この動画をおすすめします。
スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」

https://sites.google.com/site/tedjapaneseenglishnote/list/susan_cain_the_power_of_introverts

ぜひ見てみてくださいね。

このプロに有料相談

回答日時:2017年8月28日(月) 19:37 JST

お返事ありがとうございます。

正直に言うと、悩みを投稿したのはいいものの、なんとなく先生からのお返事を見るのが怖く、今日までずっと見られずにいました……すみません。
でも今日読ませていただいて、当たり前のことに気がつけました。
自分と人は違うんですね。
何だか自分だけ取り残されてるような気持ちになって、焦っていたんだと思います。
これからは自分のペースで、少しずつ出来ることを増やしていこうと思います。
先生が仰っていたように、ご飯が食べきれたら、電車に乗れたら、近所のコンビニに行けたら…その度に自分を褒めて自信をつけていけたらと!
出来ない自分に苛立ったり、不安になったりすることはもうやめます。
自分のことをしっかり見つめて、出来るも出来ないも全部認めてあげようと思います。

オススメしていただいた動画も拝見しました。
なんでも無理に人に合わせようとせず、自分が出来る範囲内で、自分がやりやすい方法で何でもチャレンジしていこうと、そう思うことが出来ました。
内向的な自分に負い目を感じていたところもあり、背中を押してもらえたような気がして元気が出ました。

自分でも気がつけなかった自分と向き合えたような気がします。
先生に相談してよかったです。
本当にありがとうございました。

| 20代/女性 | コメント投稿日:2017-09-10 |

・お礼はご本人のみ投稿可能です。
・回答を読みましたらご投稿下さい。


トラウマ(心の傷)とPTSDの専門家
百世 安里相談件数:111件
プロフィールこれまでの回答
このプロにすぐ相談 このプロに有料相談

こちらのプロも相談受付中です。

今すぐ相談!会員登録(無料)

悩み辞典は、安心して登録・相談できます。

※ 当サイトは、ご記入いただいた個人情報を、お問い合わせに対するご連絡以外の目的では使用いたしません。

※ ご記入いただいた個人情報は、当サイトで保有し、第三者に提供することはありません。

※ 当サイトの個人情報の取扱方針につきましては、プライバシーポリシーをご確認ください。

※ 財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より個人情報の適切な取扱いを実施している企業であることを 認定する「プライバシーマーク」(Pマーク)を取得しています。

※ ベリサイン社のデジタル認証IDと暗号化(128bit)によって保護され、安全にお申込み頂けます。


新規会員登録

私が「悩み辞典の使い方教えます。」管理人さんに相談はこちら