今日はいい夫婦の日

造語ではありません、産後クライシスについて・・・

もっと見る

夫婦は話合ってはいけません

何故 話し合いが上手く行かないかというと パートナーである夫が話し合いたくないと

思っているからです。

 

つまり話し合う事で解決すると考えるあなたと 話し合いなんてしたくないと考えている

パートナーが居るからです。

 

じゃ、何故話し合いたくないか?

それには 色々理由は在ると思いますが とにかく話し合い何てしたくないのです。

 

だったら 首に縄を付けて話しあいのテーブルに着かせますか?

 

要は 話し合いが上手く行かないという事は その方法が 二人の問題解決の

方法に適してないという事なのです。

 

では 何故話し合いたいかというと 話し合いがコミュニケーションで これまで

向き合えなかった関係を 少しでも向き合える事が 嬉しいという事でもあるのです。

 

要は 話し合いたいと思う物と 話し合いで何か尻尾を掴まれてはならないと用心するものとの

間では コミュニケーションはとれないという事です。

 

ここを理解する必要があります。

ではまた・・・・

もっと見る

夫が浮気?

過去の事例から・・・・・

さて、おさらいです。

よく 夫の浮気を見つけて すぐ行動に起こす妻がいますが これはちょっと考え物です。

また離婚を考えるなら その後の妻の生活も考えないといけないので どうしても

金銭的な確保が必要になっています。

その為に 色々な証拠集めなども必要ですが 浮気相手に突撃するなどをして、

そういう事が 今後起きてくるかを想定ぐらいはしないと 憤りに任せて

突撃しても 玉砕するだけかもしれません。

何故なら 相手の女性は 妻子ある人と分かって付き合っている事が

充分考えられますから 一筋縄ではいきません。

そこに 何のプランも立てず、「とにかくうちの夫から手を引いて・・・」と言っても

そんな簡単に「ハイ、分かりました」とはなりません。

逆に 自分の夫に直接、抗議しても シラを切られるか、逆切れされるのがおちです。

 

こういう事を 自分でやりつくしたあと、どうしようかと 縄をなうのは 後手後手なのです。

何でも 獲物をしとめるときには 一発勝負。

失敗を重ねれば重ねるほど 成功率を下げてしまうのです。

 

それでも、構わない、何か一言、言わなければ気が済まないと言うのであれば

それこそが単なる思いをぶつけに行ったという事になります。

そういう事で どんなことも冷静な準備と計画が必要だという事です。

行き当たりばったりは止めましょう。

と、言う事で下記の相談事例もご参考に。

https://www.nayamijiten.com/faq/index.php/4169

もっと見る

今日はホワイトデーですね。

さて、私くらいの年齢になると まったく関係のないイベントですが 世の中のカップルや 若い夫婦にとっては大事なアニバーサリーです。

そしてそれが 夫婦の為の日であればいいのですが ご主人が会社の女性から貰って来たバレンタインのチョコへのお返しの日ですから 義理チョコならば 義理を返すだろうし、本気チョコなら本気でお返しするでしょう。

これは妻にとっては 一大事ですから 注意が必要です。

 

「うちの夫は 誰にでも優しいから・・・」なんて 夫をモテると喜んでいる場合じゃありません。

 

モテるなんて自慢は 誰にも奪われないという自信の表れですが、そんなことは誰も保証できません。

そもそも本当にモテるという事なんて芸能人でもないかぎり、あまりないと思って下さい。

男性はモテる為に努力をしています。

男性はモテるように 一杯苦労をし、粉をまいています。

そして いかにも何もなかったような顔をしていますが

本当はマメに一杯仕掛けをしているのです。

 

本当に何もせず 女性から寄ってくるのは 美貌を売りにしている芸能人くらいで、ご主人がモテていると思っているのは たゆまぬ努力の結果ですから、努力した人間は そのご褒美が欲しいから努力をしたと考えて欲しいのです。

だからバレンタインのチョコレートは ご主人の努力の賜物かもしれないという事です。

 

では、何故 モテたいか、どんなご褒美を期待しているかは言わずとも解るでしょう。

だから ホワイトデーのお返しは チョコレートをくれた女性の「これから進みましょうか?」という質問の答えの日でもあるのです。

 

全部のお父さんが そうだとは言いません。

本当に義理チョコの場合もあるでしょうし 日頃の何かのお礼のつもりかもしれません。

自営業で若い女性を使う仕事では女性への気遣いは社長としても必要ですから女性社員からのチョコのお返しは 3倍返しでしょう。そうなるとチョコレートは社員への福利厚生のようなものですし、経費で落とせるようなものです。

ホワイトデーはそんな日であればいいのですが 本気チョコを貰った男性は 本気でお返しをしますから妻としても穏やかではいられません。

 

夫の帰りをあまり不安がらずに待つことはいいでしょう。

しかし、日頃から、もしかしたら浮気もあるかもしれないと不安がある妻は このホワイトデーはカップルがぐっと付き合いが進むイベントの日でもあるという事を認識してください。

そういう事を頭に置いて 夫を見つめてみましょう。

 

帰って来て 妻と目を合わせないとか そそくさと自分の部屋に入ったりするのは ちょい怪しい。

不安になり過ぎるのもよくないですが、妻の座にあまりあぐらをかぐのもよくない。

逆にそんなにうちのお父さんはモテないと買被るのもよくないです。

物事はほどほどが良いですね。

要するに人生はいつまでたっても 絶対大丈夫という絶対なんてことはないのです。

何でもほどほどに信用し ほどほどに用心しましょう。

でも 何もなくて幸せなホワイトデーの人は 今夜はお父さんの大好物を作って待っておいてあげて下さい。

 

もっと見る

夫婦修復を年頭に誓いましょう

2013.1.02
新年あけましておめでとうございます。
旧年中、このコラムをお読み頂いた方、また相談を寄せて下さった方、ありがとうございます。
今年も皆様の心の杖となりますよう、精進参ります。
どうか今年もよろしくお願い致します。
さて、これまで当方に相談に来られた方の多くが何らかの夫婦問題を抱え、その改善策を求めていられます。
そして その方々の仰られる事は、異口同音「どうしたらいいか分からない」と言う言葉です。
しかし、どうしたらいいか分からなくても解決手段は心で決めているようです。

それは 「話し合い」です。
これまで夫婦げんかも繰り返してこられたのでしょう。
その結果 もっと夫婦の溝が深まってしまったと感じる事が多いのだと思います。
だからこそ その溝を埋めるために 言葉を求めて来られます。
どうしたらお互いに理解し合えるか?
どうしたら自分の気持ちを解ってもらえるか?
家族として どれだけパートナーを必要としているか?

それらの事を相手に伝えるにはどうしたらいいのか、と、向き合う為の言葉を求めて来られます。
相変わらず 言葉に頼るところが多いという傾向があります。
つまり 夫婦の関係を修復するには、話し合いが一番という思い込みがあるのです。
だから自分の努力を解って欲しい、認めて欲しいという具合に、言葉によるお互いの理解の仕方を求めて来られます。
これはこの方法しかないと決めつけている事もありますが、それよりも話し合いで解決することが平和的解決だと思い込んでいるからなのです。

話し合いと言うのは お互いが「さあ、自分たちの改善すべき点を考えてみよう」と、テーブルに着いてこそ叶う願いです。
そうです、話し合いの原則はお互いが話し合いをしたいと考える事から実現します。

しかし現実は家庭内別居が始まっていたりして寝室も別。
仕事で帰ってくるのも深夜で 生活はすれ違い。
何か話をしても 逆切れで一蹴される・・・・

こんな関係が続いていても、まだ尚、話し合いで解決したいと言うのは ちょっと頑固すぎるのです。

少し、冷静に考えてみて もう話合いは充分してきたはずです。
その結果、話し合いなどではまとまらなかったのです。
「私もついつい言葉が荒くなって」という方は 元来話し合いが下手なのかもしれません。

そうです、本人は話し合いのつもりでも それは責めている言葉の連続であったり、また責められている方は、
その話し合いがしたくないから、逆切れをするのだという事を理解してほしいし、話もしたくないから
部屋を別々にして 家庭内別居で無視を決め込んでいるのです。

その部屋の扉を無理クリ開けさせる事が 話し合いの第一歩だと考えているとしたら それは平和的交渉でもなんでもありません。

そういう事で、ちょっと話し合いによる解決方法というのをちょっと頭から外してほしいのです。
つまり言葉や話などで解決できる段階を逃がしているのに 相変わらず話をしたいというのは
それはもう話し合いではなく「お願い、解って」という「懇願」でしかありません。
懇願は祈りであり、願いであります。
こうなれば話し合いと言う事を願い続ける事は 逆に行動に起こさないという事になります。
つまり行動が起こせないという消極的な解決法を「話し合い」という綺麗ごとに誤魔化しているのです。

このように書けばとても勇ましく聞こえるかもしれませんが 結局物事は神頼みでは何も解決しないということです。
相手も積極的に話し合いのテーブルに着き、夫婦の課題をお互いに解決したいと夫婦が共に願えば
話し合いも成り立つでしょう。
しかし、どちらかが話し合いの姿勢がないのなら、いえ、もうその手段は使ったあとだというなら
やはり、それは行動に表れる努力しか、物事は動かないのだと思います。

そこで年頭にあたり、下記の言葉をプレゼントをさせて頂きます。

言葉は心を決める、心は行動となり、行動は習慣をつくり、習慣は品格を創り、品格は人生を決す。


もっと見る

いい夫婦の日

今や 2分14秒に1組の夫婦が離婚をしている時代です。
結婚式が在って、何故離婚式がないのか?という疑問に立ちあがり「離婚式」なるものをプロデュースする
寺井広樹氏が設定されたそうです。

2月29日は4年に1回、回ってくるうるう年で、それくらい離婚する夫婦の中でも円満離婚は少ないという意味でもあるそうです。

今日は、この離婚式というセレモ二―をしましょうという話しではありません。

夫婦が離婚に直面する時、どちらも同じくらいの思いで離婚を望むのかというと
そうではない事が殆どなのです。
つまりどちらかが離婚を望み、どちらかが離婚を拒否するか、もしくは離婚を迫られて
苦しむという図式が圧倒的に多いと言う事なのです。

日頃より夫婦喧嘩をしているならば「もうやってられない、離婚だ」と、言うやり取りもあり、
少しは心の準備や予想はあるのですが、中には急に離婚を言い渡され、とても受け止められなくて、当方へ相談に来られます。

要は、言い渡された離婚理由が「訳わかんない」と言う事です。
こういう方は、普通程度のいざこざはあっても離婚までは考えていないのに
パートナーから一方的に離婚を言い渡されます。
そして、100%自分でも善き夫、善き妻で無かった事も反省し、改め努力すると懇願しても
「もう遅い、信用できない」と頑として離婚だと言い張るばかり。

ここで大事なことは、「程度もん」と言う事です。
確かに人間は欠点もあります。
言われるまで気づかない間違いも犯しています。
でも、離婚をされるほど、酷い程度だったかと言う事です。

ここを自分でも酷かったという自覚が在る人は、この離婚宣言に、納得はできなくても
理解は出来ます。

しかし、どれだけ考えても、離婚をしないといけないほど、自分たち夫婦は危機だったかというと
そういう程度ではなかったな、という感覚が大事です。

つまり、離婚を一方的に言い渡されたとしたら、それを受け止める理由が思い当たらないとしたら
それこそが、文字通り一方的と言う事です。

この一方的という言葉には「自分勝手」という意味が含まれます。
要するに離婚理由に自分勝手と言う事があると、それを隠すために、相手を責めると言う事があります。


例えば、夫が妻に対して離婚を迫る理由は
1、子供にばかり目が行き僕に優しくない
2、僕の親と仲良くしない
3、子供を叱る妻の態度が怖い
4、僕の居場所がない、落ち着けない
5、縛られるのが嫌、自由が欲しい

こういう理由が多いのです。
これを私は取って付けた理由と呼んでいます。
特に3番について、それほど子供の事を思い、可愛いのに
何故子供を置いて離婚という手段を選ぶのか・・・・・
こういう府に落ちない事は、どこかに言葉に表せない何かがあると考えるべきです。

また妻から夫に離婚を迫る時によく言われること
1、 自由が欲しい
2、 優しくされるのが苦しい
3、 家事分担をしてくれない
4、 触られるのが嫌
5、 もっと実家に帰りたい

ここでも表れるのが「自由が欲しい」です。


さあ、ここで考えてみましょう。
結婚をしていて、子供もいて、その上で自由が欲しいなら、それこそ家族会議をすればいいのです。

それなのにいきなり自由が欲しいと言われても納得できるものではありません。

ここはお互いが理解できない、相手には許してもらえない自由という、わがままが在ると考えられます。

こういう府に落ちない「府」の中身を解明し、見えていない事を見るように、角度を変えて考える事も大切です。
どう考えてみても、判らない事は「離婚するほどの問題か」という程度モンという秤を持ちましょう。

この程度モンという感覚は、どんな言葉より説得力を持ちます。
では今日はここまで。

もっと見る

調査室を開設しました。

こんにちは。いつもこの悩み辞典に訪れて下さり感謝いたします。

さて今日は皆様にお知らせがございます。
実は、夫婦問題カウンセリングをしております、私、村越真里子が
ALL OK調査室を立ち上げる事になりました。

いきさつとしましては、夫婦問題のカウンセリングをする中で、どうしても
調査の必要性を感じる事が多くあったからです。

しかし、相談者の中には 他の調査会社で調査をされ、そこでの結果を活かせぬまま
結局、何も解決しないと言う方が多くいるのを見て、私は是非、解決にまで
ノンストップでこぎつけるという形を作りました。

そして何よりも私のこれまでのカウンセリングの経験で、パートナーの
心を推し測りながら調査を進めることで、依頼者の不安を随分軽減することに
成功したからです。

調査をし証拠を掴んでも、その開示の仕方で、望まぬ方向へいく事もあります。
また証拠は掴んでも、その不安に押しつぶされ、結局何も出来ないという方も多くいます。
もっと悪い事は調査の内容が、稚拙で役に立たないというケースもあるのです。

また費用の面でのご心配もおありでしょう。その為に費用を抑える秘訣は、対象の現実に則した情報が必要ですが夫婦の会話が無かったり関係性が悪化している場合、依頼者から得られる情報が
正しいとは限りません。これではせっかく調査をしても、空振りに終わる事があり、
何度も調査をすることになります。
こうしたことも調査費用を高額にしてしまう理由なのです。

また、調査期間中も、どのようにパートナーに接してよいか分からない。
また調停になるとしたら、同じ屋根の下に住んで、どんな風な顔をしていたらいいのか、教えて欲しい、と
言う声をお聞きします。
まして万一離婚をなると子供は、なんて思うのだろう?と不安は尽きません。
いくらインターネットで、親切丁寧と書かれてあっても、個々の不安に対する答えはありません。
しかし最近は調査会社でも、「離婚カウンセラー」を常駐させているという事が
珍しくありませんが、どうしてもそれは離婚の為の調査であり、契約を取るまでの
営業色が強くあり、調査をしたその後にまでは、カウンセリングが無いのが実情です。
すなわち離婚カウンセラーイコール契約の為のクロージングという所も少なくありません。

また調査会社というのは、どうしても怖く感じるものです。
誰も調査なんて本当はしたくないのです。
だから、探偵会社は女性の看板や女性カウンセラーと書かれてあり、男性のいかつさを
避ける傾向にあります。
そういう意味では。そもそもカウンセリング業で会話を手法としている私共では安心してお話して頂けます。
ご相談には、この村越がさせて頂きますので、優しいですよ(笑)

調査に関するお問い合わせは、この悩み辞典に問い合わせフォームがありますので、
そこからお願いいたします。
では今後とも、夫婦問題のカウンセリング。
そして調査の必要な方は、ALL OK調査室をよろしくお願いいたします。

もっと見る

【橋下市長のお家騒動】

この度、週刊文春に橋下市長の過去のお遊びが暴露されました。
真偽のほどはともかくとして、いつもの勢いはなく、ひたすら奥様への詫びを口にされていました。

もちろん市長であれ一般人であれ、良くない事は良くない。
しかし、何故この時期という、感じがして橋下市長の不貞の事件といういうより反ってキナ臭い政治臭がして、気が散っていけません。

それにしても、今回の事に対して、街角インタビューをしたようで、関西と関東とでは全く反応が違います。
何か関西は、橋下市長は日ごろ頑張ってきたからという総合評価とこれからもがんばれというで期待を込めて許してやろうという鷹揚な感じがありますが、関東の場合はそれはそれと言う感じで評価は分かれます。
ま、これは関西の土壌をいつも実感しているかどうかの違いもありますが、おそらく関西の人は、今ここで、週刊誌記事に凹んでいる場合じゃないというエールを感じますから、まだまだ市長には頑張って大阪を変えて頂きたいものです。

しかし、私のような夫婦問題のカウンセラーの立場から思う事を言いますと、特に公職に就く前は聖人君子ではないと言われていますが、その前は弁護士です。
そこには、不貞から離婚になる夫婦の案件などを扱っていたはずですから、弁護士は法的観点で物事を考える仕事だとすると、公職以上に、不貞にはデリケートになってもらいたかったと思います。

それにしても橋下市長もやはり人の子だったと言う感じです。
と言うか、どんな立場になっても、男という生き物はどうしようもないですね、困ったものです。

もっと見る

【虐待を見逃さない視点と許さない心】

今年も早、6月。
私の住む関西の梅雨入りももう間もなくと思います。
昨日の午後は暗雲が立ち込め1時間近く雷が鳴りました。

昔は雷おやじと言う言葉がよくありましたが、最近の男性は皆、穏やかで、ともすればママの方が怖いというお子様も多くいらっしゃいます。

ただこの怖いという思いは、自分にも悪いことをしたとか、叱られて当然という身に覚えがある内はいいのですが、いったい何を叱られているか分からないと言う時には、多分に叱る側に問題がある場合も多いのです。

家族で暮らしていると、子供たちの目に余る行動や行儀の悪さには、ルールを教えていかなければなりません。
しかし、その教えが教育やしつけという大義名分で体罰になります。

私には孫もいて、その孫の頭のよさには、手前味噌を通り越して、関心しています。
いくら幼くても、その年齢なりに説明すれば理解をするという事を知っています。

私も昔、犬を飼っていてしつけの為と、叩いていたことがあります。
もちろんペットと人間の違いはありますが、私が手を挙げた時のおびえる三角の目を未だに忘れられません。

身体の大きな者が教育とは言え、身体の小さな物や者に手を挙げるという事はやはり、そこには支配という感覚があります。
幼い子供に弱いものいじめをしてはならないと、教えながら、その親自身が、子供に力づくで示すものがあってはならないと思います。

時々、幼い子供が自分の父親や、母親の内縁の夫に虐待され、亡くなるニュースが流れます。
そういう父親に限って無職であったりするのに、しつけの為に体罰をしたと言い訳します。

私はそういうニュースを聞くたびに、身震いがするほど腹が立ちます。
何故、母親が子供を守りきれなかったか?
こういう場合はたいてい、その子供の母親もその夫の暴力にあっています。

私なら、何が何でも子供を守り、そんな夫とは別れるのに・・・と思うのですが
暴力とは、そういう気力すら奪い取ってしまうものなのですね。

近々のニュースでは、食べ物を与えて貰えず、餓死した子供の胃袋に自分の髪の毛やビニールがあったと言います。
子供が頼りにするのは親しかいないのです。
その親に食事も与えて貰えず餓死していく気持ちを考えると、どんな理由があっても許せるべきものではありません。

動物園でも子供を育てられず育児放棄をするゴリラがいます。
そのゴリラには母親失格という烙印を押し、飼育員が赤ちゃんゴリラを育てます。
本能しかないようなゴリラでもそうなのです。
人間も結婚をすれば、子供が生まれます。
かと言って子育てできず親になれない人間がいるという事も事実です。

この世の中に生きていて、当たり前の事が出来ない人がいるので、親が子供にとって一番ベストな
近親者という見方を外さなければ、どれだけ児童相談所の相談員を増やしたところで何も解決しません。

児童相談所の相談員でも、物事を見抜けない職員がいます。
子供を授かっても、子育てができない母親がいます。
幼い子供を八つ当たりのように体罰をし、・・・いえむしろ体罰を通り越し、力の加減も考えず死に至らしめる父親がいます。

社会人になれないニートがいます。
先生でも、人を導けない人はいます。
警察官でも犯罪を犯す人がいます。

こういう人には何故なんだろうという疑問を挟んでいる時間は必要ありません。
冷たい言い方ですが、自分の分(ぶ)が果たせない、失格者がいるという事を認め、早くその犠牲になっている弱者の救済にかかるべきです。

何故こうなったか、どうしてこの親は子供に虐待をするのか?
そういう分析は専門家に任せて、私達が出来るのは、少しで犠牲者の助けをするべきだと思います。

こうした虐待をしたことへの刑が軽すぎると日頃感じています。
重刑にしたとしてもそれが犯罪の抑止力になるかどうかは、分かりません。
でも、躾イコール体罰という言い訳を声高に言う社会通念を変えて行かねばならないと思います。

もっと見る

勤労感謝は育児協力日?

世はゴールデンウィークまっただ中。
特に今日は勤労感謝の日。
多くの勤労者はつかの間の休息に身体を休め、本来なら夫婦は互いに日ごろの労働を感謝され、感謝する日。
とは言え、小さなお子様がいらっしゃるご家庭は、子供たちへ家族サービスもしなければならず、やはり体力的に勤労感謝と言っても休息にはなりにくい。

でもなんでも楽しければ、特に家族が喜んでくれるなら、パパもやりがいはありますよね。

この家庭サービスをパパも楽しめている時は疲れも何のそのですが、普段から夫に対して家事協力や育児協力が少ないと感じている妻の場合は、その日、夫は妻の期待に応えるべく日になってしまい純粋な子供たちとのレジャーにならないという事があります。

家庭サービスとは言え、何か日ごろの名誉挽回の意味も加わってしまい、お父さんは、はたして家庭人として、どうなのか、という目でオーディションされてしまうわけです。
こうなれば妻は厳しい審査員と化し、せっかくのレジャーも子供たちとの休暇ではなくなってしまいますよね。
そして日ごろの怠慢さを不満に思っている妻には少々の事をしても満足点をもらえません。

パパもママも誰もが疲れています。
ママも休みの日くらいは育児を変わってほしいと思いますし、パパもせっかくの休みくらい本音ではゆっくりさせてくれよ、と考えているのです。
でも、パパは元は男の子ですから、遊ぶことは大好きです。
家庭サービスも本当はしぶしぶではないのです。
でも、先に「○○してよ」または「してくれない」と言われると、途端におもしろくなくなっちゃうというのが
男性と言う生き物です。
育児協力なんて、余所余所しい言葉じゃなく、子供と一緒に遊ぶのは本当は大好きなのです。
(一部例外はありますが)

しかし、そこに妻の「普段はこの人何もしてくれないんだから・・・」という無言の文句がついていることを知っていますから、何かパパが子供と純粋に楽しめない気分になってしまうのです。

ここを世の妻に知って頂きたい。
何度も言いますが、余程のタイプでない限り、パパは子供と遊ぶというより子供になって遊ぶことが大好きです。
ディズニーランドに行く前日はパパも本当は興奮して眠れないのです。
でも、ちょっと大人ぶっていなければならないから、あまり大人げなくはしゃがず、カッコ付けています。
でも本当は子供と一緒です。
独身の頃、デートで遊園地に行った時の素直なご主人の顔を思い出して下さい。

だから楽しませてあげる方向に持っていけば、パパはキャプテンになったつもりでその日をリードしてくれるでしょう。
子供が出来てパパになったからといって、急に責任感で遊園地に行くわけではないのです。

その日ぐらいはお互いパパやママの責任感という肩の力を抜いて、ママも一緒に楽しんでしまってほしいのです。

いつの間にか家庭が、父や母という役割をこなす場所になっていませんか?
そしてお互い、どちらがその役割をこなせているけど、あなたはどれだけできているの?という
批判的な目で夫を見ていませんか?

お父さんも本当は子供に戻って遊園地を楽しみたいのですから、せっかくの休みが、育児責任になすくりあいにならないように、ゴールデンウィーク後半を楽しんで下さい。


もっと見る