フォローアップ・アフターメールのお知らせ

こんばんは、福屋 よしみです♪
 
 
 
快晴の日が続いたと思えば、雨が降ってきたり
各地で天候の変動が激しいようです。
 
震災後の対応などで苦心されておられる現地の方や、多方面で行政対応などで
お困りになられている方などには大変不満が積もりかねないかと思います。
 
しかし、心理学で不平不満というのはパワー(破壊の表れ)とも呼びます
アメリカではハリケーンがよく起こります、ハリケーンとは
アメリカ軍が世界各国で色々な戦争をし、破壊を繰り返すという状況により
アメリカ国民の意識はアメリカ軍が必要だと、頭では理解していながら
軍の活動が罪悪感になり、破壊された国々の人々のことを感じることにより
罪悪感という形で無意識レベルでハリケーンを起こすと、この心理学の創設者の
イタリア系アメリカ人の方はセミナーでよくそのようなお話を申しております。
 
そんなわたしは、雨といっても嫌がらず「祝福の雨」と呼んでおります
 
雨が降る事で、通勤・交通などに晴れの日と違いプラン変動や
お洗濯が外で干せないなどの事もありますが
夏に向けて、皆様はご経験された事がありますでしょうか。
 
水不足 という実情です。
 
私は関西なので、水不足は過去に1度経験をしました。阪神淡路大震災の時は長期に渡りましたが
地方の方でも、特に水不足の話となると四国にお住まいの方は敏感なようです。
そして、農業に携わる方々にとっては恒常的ではないようですが、お話を聞く所によると
毎年水不足にならないか、そこが不安要素の一つでもあるようです。
 
水が不足すると、私達の生活には何かしら困った事が出てきてしまいます
蛇口を捻ると出てくる水がいつしか当たり前にならぬよう、私はアルミラックに
飲料用浄水を貯めております♪
 
出来る事から、自分に対しても同じ事が言えると思います♪
皆様の心にも乾いてしまう事がないよう、カウンセリングという優しい心の潤いを
常に与え続けていきませんか♪
 
今回は昨日Blogでも告知させて頂いたのですが
電話・面談カウンセリングをお使いの方に正式なサービスとして
24時間メールで受付可能な、フォローアップ・アフターメールのご説明をさせて頂こうと思います♪
 
 
 
フォローアップ・アフターメール
 
私のカウンセリングでは、カウンセリング内容のお問い合わせや疑問・質問に関して
フォローアップ・アフターメール という相談無料の携帯メールサービスをさせて頂いております♪
(電話・面談カウンセリングをご希望の方に携帯メールアドレスを送信させて頂きます♪)
 
そしてカウンセリングを受けようと思った時から、お受け頂いた後。
電話・面談の両方のカウンセリングの前後にもお使い頂けます。
 
カウンセリングをお受けて頂いてから期間が開いていたとしても
「日常の生活の中で使ってこそ心理学」 を私の中でモットーとしておりますので
皆様のカウンセリングご相談・アフターフォローにお使い頂けるようになっております♪
 
 
 「カウンセリングって何だろう・・・」
 
「自分にカウンセリングって必要なのかな?」
 
「私の問題ってカウンセリングで解決できますか?」
 
「今、頭の中では認識しているのに、心はその出来事を受け入れる事が出来ない」

 

 
 
そんな時に自分の苦しい事、悩み、心のキズを相談出来るカウンセラー
身近に居て欲しかった事はありませんか?
 
 
カウンセリングが終わった後に、カウンセリングの内容への疑問が出てきたり
カウンセリングから日が経つと自分の中でわからなくなるような事はありませんでしょうか?
 
日常生活で、相手の方とのコミュニケーションは欠かせませんよね!
自分からの物の言い方・伝え方・言葉の使い方などに心理学的要素を含める事で
相手の印象はとても良い方向にグンッと変えていく事が出来ます
 
他にも、日常的に毎日を過ごす中でネガティブな出来事は人生の中であるかと思います
自分が出来事に対して怒り爆発の時、いきなりトラブル発生の時
予想しないショッキングな出来事に遭遇した時、そして突然の悲しい出来事の裏には
様々な複雑な感情が渦巻いています。
 
「心が痛くてたまらない・・・」 そんな時に一言相談出来る、カウンセラー
皆様の傍に居て欲しかった事はありませんでしょうか?
 
携帯メールによる着信なので24hチェックが可能です。レスポンスは随時お返しさせて頂きます
 
どんな時でも、すぐ、身近に、手軽にお使い頂けるのが
相談無料のフォローアップ・アフターメールサービスです
 
 
初回無料カウンセリングも継続してまだまだ行っておりますので
皆様からのメールお待ちしております♪

もっと見る

【震災からの】サバイバーズ ギルティ

 

 

3月に日本を襲った大災害、東日本大震災から2ヶ月と6日が経過致しました。

しばらくコラムをお休みさせて頂いておりましたが

コラムを書かせて頂きたいと思います、福屋 よしみです。

悩み辞典でのTOPページに出ましたので
一部からは当Blogからの転載に繋がる部分もありますが

まずは告知させて頂こうと思います。

悩み辞典の担当の方から、震災で甚大な被害を受けられた方向けの

御相談のプロを探しておられるという事で迷わず参画させて頂きました

悩み辞典で、被災者専門のWeb相談の項目が出ますという事で
システムの部分で息子が何度か管理人の方と打ち合わせをさせて頂いたり
神戸市市議会議員の当時の震災の現場を経験し処理をされていた方から
阪神淡路大震災の時の資料をコピーして頂いたり
今度の被災者専門相談に向けて、私たちも準備を始めてまいりました。

 

当時の震災を詳細に紹介したり、体験をした方が本を出したり
そういう中で 「官邸応答せよ」 という本がある事はご存知でしょうか?

阪神淡路大震災の最中、神戸を駆けずり回った方が
当時国会議員でもありました、高見裕一 氏 の阪神淡路大震災での体験を
本にしております。

今読み返しても深く、国会議員である傍ら震災を実際に受けた時
どんな凄惨な状況であったかが、切々と綴られています。

この本には当時の我が家の事も書かれているのですが
少し前に息子が、この本を読みたいというから貸したのですが
あの10歳の頃の情景や震災の時に何があったかを思い出しているようです。

そして、先日の事ですが、息子が震災で失った物を吐き出さずに
溜め続けた壁を抜けていく事が出来たようです。
震災の傷跡というのは15年が経過しても、心の傷跡というのは
どんな形であっても、癒さなければ残ってしまうものです。

愛する父を震災で失い、感情を押し殺してしまった15年間
押し殺してしまった感情とは、ある出来事があって
それに関し、感情的な課題があると自覚してはいるのですが
その感情を押さえつけてしまっているという未完了の出来事なのです。

押さえつけてしまうのは、個人のルールだったり
脅迫概念であったり、様々な理由があります
もちろん、息子の傷跡は15年間溜めたものが1日で消化できるはずもなく
今回の悩み辞典の被災者相談の件での資料集めや提案に関る内に
自分自身が抜けていく何らかの切欠があったのですが
そこはまた、次のコラムかBlogでお話する事があると思います。

 

大幅に話が脱線してしまったので、戻します(^^;

この本の著者でもある当時、国会議員 高見祐一 氏の事務所は
私たちの住まいする神戸にある北野町にありました
偶然にも同じ北野町だったのです。

そこで、ご近所同士という事もありライフラインの情報交換など
救援物資に関わる様々な助け合いを皮切りに
我が家は当時とても広かったので付近の避難所では預かれない分を
一時預かる倉庫を兼ねた救援物資センターになり
我が家は当時、外国人のボランティアの方々と結びつきが強く
連携しての炊き出し、瓦礫除去、倒壊した家屋からの残存物資の取り出し
もちろん私も現場でヘルメットを被って子供たちは水汲み隊に明け暮れる数ヶ月を
過ごした記憶が、私も先日この本を読んで思い出しました。

そして、高見祐一 氏 の国会答弁に、Buy神戸(神戸の商品を売るという活動)が組み込まれ
その事務局を24時間体制で数ヶ月続け、荷物の搬入や運搬にイベントのお願いなど
当時はこの運動がテレビ局などで取り上げられ

「よみがえれ神戸!」と銘打って頂いたのをはじめとし
各メディアの取材が殺到したのを覚えています。

東日本大震災の情報は今だ途絶える事はまだありませんが
現地の被災されている方や、これから現状を見つめ続ける事をすべての人が出来るのかどうか
これから、心の問題が浮上してくるかもしれない時期に突入してくるかもしれません

目の前の惨状を抜けて、体が落ち着いた時こそ
そこから心の傷が浮き彫りになってくるのです。

阪神淡路大震災より、大きい規模の震災と水害
心の痛みははかりしれません。

人間一人の無力さを感じずにはいられないのが天災です。

今、私自身の体験がお役に立つ時があるとすれば
出来る事にはお役立てさせて頂きたいと
毎日祈るような気持ちで思っています。(祈)

 

阪神淡路大震災から、生まれた心理カウンセラー 福屋 よしみ
 

もっと見る

東北地方太平洋沖地震

すごい地震でした。神戸も結構揺れまして私は外に出て室内に居たのですが
周囲に酩酊感がされた方が非常に多くいらっしゃられました。

東北地方太平洋沖地震、震度7は神戸の震災の時と同じで
東北を中心に関東の方までライフラインが止まっている所が多いようです



悩み辞典の方の中でも被災した方もいらっしゃられると思いますが

・まず、必要な物を余震に備えてコンパクトに纏める事が大切です。

・暖房の止まっている所では、洋服はたくさん着込んでおく事が大切です
靴は履きやすい物をお履き下さい

・飲み水の確保、お風呂にお水を溜めておく、ペットボトルなどの容器にも
溜めておくとなお良いです。

・食料の確認、すぐに食べれる物を重視してください
(カップ麺・シンクパックなどのご飯・缶詰・パンなど)

・家屋に関してドアが歪んでしまっている場合がありますので
注意してチェックをしてください、見るからに危険な所には近寄らない事
見た目は安全だからと踏まないように。

・家族との万が一の避難場所の約束も忘れずに
(近くの公園や学校や教会など、広く人が集まれる所がベストです)

・懐中電灯は必携です。

・食品の早く調達が可能な場所は、市役所/区役所などの
各都道府県の建物には食品が早く届きます。

・政治家のオフィス、国会・県会・市会などの議員の事務所には
ライフライン関係の情報は早く届けられるので情報取得が可能です。
(遠慮せずに、政党など関係なくお尋ねください。)

この辺りは、私の阪神淡路大震災の被災体験からの情報です。



悩み辞典で知り合った方の中にも被災した可能性のある近辺の方に
メールまたはお電話を差し上げてはおりますが
広範囲にかけて被害が出ているようで、首都近辺の方では
携帯の通話が非常に混雑してる様子で、中々難しい地域もあるようです。

安否確認が、もし出来れば幸いです(祈り)


もっと見る

無料カウンセリング100件突破



この度、お問合せが多い事もありBlogでの連載形式による
様々な形でお届け出来ればと思いまして、コラムにもお知らせさせて頂きます。

現場が忙しく、悩み辞典の相談とでコラムの方が去年のペースに比べると
少し手つかずになってしまう部分があります。

ハードワークになればなる程、時間がタイトになってしまいますが
その中でも自分への余裕を忘れない事と、何でもかんでも自分でやり過ぎない事
今、募金ページにNPO鳥取ダルクページについて、新井様と息子と協力して
取り組んで頂いております、私は知識が無いのでオーガナイザー的な位置ですが
裏方の方にとても助けて頂いているから、この余裕がある事と
皆様からの相談、電話カウンセリング、現場のカウンセリングに取り組める事に
「ありがとう」と日々思っております♪

来週には、新井様の方から鳥取ダルクとのページに着手との
お返事を頂いておりますので、今しばらくお待ちくださいませ♪

向精神薬についても、データを鋭意整理中でございます
皆様に良い形でお届け出来るよう、打ち合わせとデータ収集を重ねておりますので
今しばらくお待ちくださいませ♪



〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃



「心が癒される」体験をしてみてはいかがでしょうか?
是非貴方の感覚でカウンセリングを体感してみてください♪

現在は無料カウンセリングを行っております
もし悩み辞典の相談のお返事だけでは
十分な回答になっていない、またはその先を知りたいと
お感じになっていらっしゃったとしたら
カウンセリングというのを一度お試しになってみては
いかがでしょうか?

カウンセリングの内容に関するお問合せも無料です

初回の無料電話カウンセリングも受け付けておりますので
プロフィールからお気軽にお電話ください。
(悩み辞典で相談しました と仰って下さると早いです♪)



カウンセリングについて、ご説明をさせて頂きます。

カウンセリングとは、誰かの言葉や態度で「心が痛んだ。」とか
過去や現在の出来事で「心が傷ついた事など。」
例えば「現在どうしても受け入れられない事がある。」
という問題を、カウンセラーは今の状態より
楽に簡単に抜けていけるように、多くの提案をしていきます。

そして現在の環境や状況を楽にし
人生楽しく生きていく為の【ツール】です。

頭では理解しようとしているけども
どうしても心で受け入れる事の出来ない感情
(寂しさ・孤独さ・惨めさ・苦しさ・辛さの感覚など...)

自分の考え方で現在のどうにもならない問題や状況を
カウンセラーは(相談者様以外の)多くの物の見方や考え方を
提案し続けていきます。

そして問題を問題でなくなるように
今の貴方の心の環境を変化させてゆく事が出来ます。
これがカウンセリングです。

そしてカウンセリングは、考える物ではなく
まず体験なさって感じられてみる事をご提案致します♪

心が元気になる癒されれば、人間は
未来への気力と意欲がどんどん湧いてきますよ♪



http://healingmama.blog60.fc2.com
↑福屋 よしみのBlog↑
(心のことやカウンセラーの日常をBlogで随時更新中です♪)

福屋 よしみ からのお返事でした♪

〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃

もっと見る

☆無料カウンセリング 80件を突破☆

皆様、2月に入り寒さも格別に際立って来ておりますが
お体と心のケアは大丈夫でしょうか?

福屋 よしみです♪



12月は私が非常に体調を崩し始めたのですが
1月になってからは息子が非常に体調を崩しておりました。

現在、私の周囲ではインフルエンザも流行っておりますので
皆様も、是非体調管理の前に手洗いやうかいなどの自分で出来る予防と
体調を崩さないような自己愛のケアをして頂ければと思います♪

1月末から少し大きなお仕事の打ち合わせがあり
鳥取ダルクの記事などが少し遅れを生じておりますが
ようやく目処が立ち始めておりますので
そのご報告をさせて頂こうと思いました。

記事を心待ちにしておられる方には本当に申し訳ございません。

来週中にはUPが可能かと思いますので、今しばらくお待ちくださいませm(_ _)m



無料カウンセリングと、カウンセリングの受付は変わらずさせて頂いておりますので
皆様を福屋 よしみはお待ちしております♪

プロフィールの方から、無料カウンセリングとカウンセリングについて
ご参照頂ければ幸いです♪





もっと見る

今年度ラストコラム!

今年も残り僅かとなりました。年越しまでを時間にしてみると30時間ですね!
福屋 よしみです。



先日私は鳥取の方へ、第四回 鳥取/岡山ダルク合同ヒーリングワークショップ
というワークショップへ出張しておりました。

その時の様子をBlogにレポートさせて頂きました♪
(http://healingmama.blog60.fc2.com/blog-category-6.html)

今回はワークショップって何だろう?という方から
鳥取ダルクに関係する方々も来られ
2日を通しての参加人数は30人弱の方々の参加がありました。

涙・笑い・喜び・悲しみ、私のワークは感情のジェットコースターと
参加者の方に言われますが(笑)

二日間のワーク予定が、ワーク後の個人セッションの依頼と共に
三日に滞在が延びてしまう程でした。

悩み辞典から、今回鳥取ダルクへ寄付を頂く事になり
皆様と悩み辞典スタッフの方々のご厚意にとても感謝しております
鳥取ダルクについて、年を越えたら詳細なコラムを
書かせて頂こうと思っておりますので、ご期待ください!

薬物は現在、社会にも根ざし治療の一環としても使われておりますが
裏では様々な事件となって表面化してきており
悩み辞典のジャンルの1つにもなっておりますが
カウンセリングが非常難しいカテゴリーとも言われております。

その中で、どんな活動をしているか、どういった物か
薬物依存症 という言葉は広まっていると思いますが
どういう起因と過程と結果でこうなったのか
少しずつ解りやすいようにコラムを書かせて頂こうと思っております♪

新年まで、残すとこ僅かとなりましたが
私のホームページのリニューアルもさせて頂きました
まだこれからコンテンツの充実を図る部分が多々ありますが
ご覧くださいませ

http://www.eonet.ne.jp/~kobenet/yoshimi/


そして、最後に今年一年の悩み辞典の相談数は500件を超えました
そして183件の暖かい御礼コメントありがとうございました
無料カウンセリングについては、受付させて頂いておりますので
いつでもお気軽にプロフィールの方からどうぞ♪
お電話をお受付出来ない時もございますが、私は皆様の緊急な声に
極力お応えしたいと思っておりますので、年中無休です(笑)

心が辛くなるのは、特に深夜帯になると辛くなってしまう事は
普通の事ですよ♪

今年一年、皆様に大いなる感謝を
来年はゆっくり焦らずに、ちょっぴりの勇気を持って
ご自分の人生を楽に変化させていかれる年にされては
いかがでしょうか?

皆様の相談とカウンセリングをお待ち申し上げております
たくさんの祝福が皆様に届きますように Bless You♪


福屋 よしみ

もっと見る

無料カウンセリング50件突破



はじめまして、またはコラムをご覧頂いた方はこんばんわ
福屋 よしみです♪



来週で、無料カウンセリング開始2ヶ月となります
多くの方からのご依頼を頂いており、誠にありがとうございます
昨日、無料カウンセリングが50件を突破しました事を
ご報告させて頂きます(´▽`*)

私は悩み辞典のご投稿の方に10月の開始からカウントして
72件の御相談があり、ほとんどの方に無料カウンセリングの
ご提案をしております。

そして、これだけの御反響が頂けた事に感謝しております
カウンセリングとは、まずどんなものか
頭で考えて悩むよりも、受けてみてどんなものか
体験されて感じてみて頂ければなぁと思っております。

私は鳥取/岡山ダルクの専属カウンセラーも兼任させて頂いております
ワークショップで出張した時に個人カウンセリングもさせて頂いているのですが
初めてカウンセリングを体験された方々で言って頂ける言葉があります。


「よしみちゃん、心が軽くなったわ・・・初めての体験や!」
「カウンセリングで心が軽くなるってこんな事なんですね・・・。」
「これは受けなきゃわからない!!」

と、言って頂けるのがとても私は嬉しく思っております♪

皆様の悩み・苦しみ・不安・問題に対して
現状を楽に、そして楽しい人生に簡単にシフト出来るツールとして
カウンセリングをご提案させて頂いております♪

12月になり、お仕事をされていらっしゃる方は繁忙期または
年末となるとお忙しい時期だと思いますが
お体のケアと心のクリーニングをされながら
楽しい12月をお過ごし下さいませ♪






そんな私はカウンセリングの時間までは
電気カーペットの上で膝掛けをして
読書の秋が過ぎても読書している事が多かったりします(笑)



〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃

神戸で活躍中の民間心理カウンセラー 福屋よしみ
HP:http://www.eonet.ne.jp/~kobenet/yoshimi/
・090-5156-8230(Docomo)
・080-3132-2863(SoftBank)
・070-5040-8634(Willcom)
営業時間:いつでもお電話くださいませ♪

〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃〃〃〃♪〃

もっと見る

薬物依存症者の実情と訴え





昨日は神戸のタウンミーティングに続き、本日は大阪府貝塚市の府議会議員
今井 豊 氏の所へ行ってまいりました。

豊ちゃんは、貝塚市立第二中学校の私の先輩です
中学校では生徒会長としていつもがんばっておられました。

現在も、数年前までは市議会議員としてのご活躍をされ
現在は大阪府の府議会議員として活躍されています。

しかし、お会いするとやっぱり中学校の時の朝礼台でお話されている
口調は相変わらず懐かしいものでした(笑)

民間の薬物依存症者リハビリテーションセンターのダルクは
全国に60箇所以上になっており、大阪にもダルクはあるのですが
薬物依存症の方々へのご理解を深めて頂くため、今後の為に訪問させて頂きました。

薬物依存症のリハビリセンターは日本ではダルクという施設がメインのようです。
行政でもまだまだご理解頂けてる所が非常に少ないのが現状です
その為に、鳥取ダルク施設長の千坂 氏に同行する形で今回の場を設けさせて頂きました。

1時間以上のお話し合いの中で、非常に有意義な時間を過ごせた事
今回は大阪に来て非常に良かったなと、思っております。

ダルクの今後の活動、社会貢献などについて大きな課題があるのですが
今井様から現場の見方として多々の提案を頂きました。

現在、社会問題とし、薬物問題は減るのではなく増えつづける薬物問題は
麻薬などの覚醒剤だけではなく、医療サイドから処方される
合法を含む(向精神薬)も実はダルクの統計によると
精神科にかかりながらの、向精神薬の過剰摂取(OD)が原因とされる
死亡率が一番高いとおっしゃられています。

まだまだ、日本の中では認知度が低いダルクかもしれませんが
社会問題となり、薬物依存症または薬物による事件の危機感や認知は
現場の実情と世間の認知度の軋轢は極力埋めていかなければならない事。

私も薬物依存症者の家族なので、とても痛感しております。

今日のようなお話し合いで、少しでもダルクの発展とご理解の為に
私も全力でこれからもサポートさせて頂きます。



福屋 よしみのBlog

http://healingmama.blog60.fc2.com/

今回の薬物依存症の記事や心理学面の事、そして明るい更年期として
がんばる心理カウンセラーの日常を更新しています♪



https://www.nayamijiten.com/profile/pr...enuProfile

プロフィールです、是非見てくださいね♪


もっと見る

11/18 無料カウンセリング継続中

こんばんわ、福屋 よしみです。

本日は無料カウンセリング継続からたくさんのお問合せを頂いておりますが
その中で、もっとも多いカテゴリーが「パートナーシップについて」

そんな中で、カウンセリングをする上で1つ
こういうお話がある事をお伝えしたいと思います。

アメリカの成功者の代表とも呼ばれる大統領には
必ず専属カウンセラーがついています。

元アメリカ大統領のJ・B氏をご存知でしょうか
ブッシュと言えば、誰もがご存知かとは思いますが
そんな彼の父親も大統領でした、その父が大統領選を
戦った時の事をお話させて頂きます。

彼は頭の回転が早く、キレ者と言われておりました
スピーチや演説もテキパキとしており
とても早口だったのです。

しかし、その早口のせいで民衆や支援者には
「冷たい人」という印象を与えてしまっていました。

そこで彼の専属カウンセラーは 「ゆっくり喋るように」 と
彼にアドバイスをしました。

人間は論理的に話す時は表情が険しくなり、つめたい印象を与えてます。

逆にゆっくり、そしてゆったり話すと、とても暖かいイメージを与えていきます
ドラマやテレビで見る、祖母や祖父をイメージしてください。

カウンセラーのこのアドバイスにより、イメージアップを図った所
この作戦は大成功を収め、さらに支援者を拡大させ
大統領選に勝利致しました。



人とのつきあいや、自分のイメージには心理学的アプローチが
とても有効な事。そういうお話なのですが。

同じ言葉や台詞でも、どのような声のトーンで話すか
どのような表情や雰囲気で話すか、様々な心理的要因と状況が重なる事で
その後の人間関係には大きな影響を与えます。

あたたかい・やさしい・話していて和むまたは落ち着く
そんな話し方をされたら、印象は柔らかく良いですよね。

行動や考え方をほんの少し変えるだけで
このコラムを読んだ方の人生にも何か気付きを影響した所が
あるかもしれませんね♪



しかし、悩む所気付く所がある方は
是非無料カウンセリングを体験して頂いて見てはいかがでしょうか?

変わるのは自分の意志、そして意欲があれば
その効果はカウンセリングで何倍も大きく発揮します。

カウンセリングとは考える物ではなく、やってみる物です♪



無料カウンセリングに関するコラムのバックナンバーはこちら! 

↓↓↓


・https://www.nayamijiten.com/article.php/20101112190648902
無料カウンセリング開始より1ヶ月

・https://www.nayamijiten.com/article.php/20101105191434398
続)初回無料カウンセリングが30件を突破しました♪

・https://www.nayamijiten.com/article.php/2010101519290297
初回無料カウンセリング再開


もっと見る

無料カウンセリング開始より1ヶ月

こんばんわ、福屋 よしみ です。

無料カウンセリング開始から昨日で1ヶ月経過した間の事で
私が感じた事を皆様にお知らせさせて頂きたいと思い
本日は少し長いコラムを書かせて頂きました。



本当に予想もしない、たくさんの反響を頂きまして
多くの方々にカウンセリングを知って頂くチャンスとし
私自身継続してお受けさせて頂こうと思っております。

そんな中で「カウンセリングを受けてみたいけど・・・」と
思っていらっしゃる方々がお問合せの中で一番多いのが
カウンセリングを受ける事への不安をお持ちの方が
たくさんいらっしゃるという現状です。

「カウンセラーにどんな事を言われるのかな・・・」
「カウンセラーの言葉でまた自分が嫌な目をするんじゃないか?」
「カウンセラーの言葉でまた何かしなきゃいけないんじゃないだろうか」
「さらに自分がダメ人間である事をカウンセラーと話す事によって
思い知るんじゃないだろうか・・・」

以前にカウンセリングを受けた方やそうでない方もお問合せを受けますが
怖さや不安を感じていらっしゃる方が、非常に多いという現状があります。

私もプロフィールに記載しているのですが、重度のうつ的な症状を煩った時
カウンセラーという言葉は知っていましたが、具体的な知識はありませんでした。

「カウンセラーとは何をするんだろう」
「何をしてくれる人なのかな・・・?」
「自分の知る所ではぼんやりと何となくお話を聞いてくれるような人」

ぐらいの知識しかなかった事を思い出します。

「無料カウンセリングを受けるとして、私の悩みは
カウンセリングで解消されるのでしょうか?」といった内容の御質問が多々ありますが
私がこれまでに実際お受けさせて頂いたいくつかの主だったケースを
御紹介させて頂きますと。


・パートナーとの問題や関係の危機(恋愛・夫婦関係)
・親子問題
・自殺願望や近親者の自殺による心の傷
・うつのような状態
・自虐・自傷行為(リスト・ボディカット)
・OD=オーバードーズ(薬物の過剰摂取)
・摂食障害(拒食・過食)
・病院で解離性人格障害と診断を受けた方
・性犯罪(レイプ)


これ以外にも多岐に渡るお悩みと苦しみの
カウンセリングをさせて頂きましたが
深い心の傷をお持ちの方がカウンセリングを
躊躇ってしまっているケース非常に多いという事です。

私は今年でカウンセラーとして10年以上の様々なケースと
自分自身の人生に起きてくる様々な問題をクリアしていきながら
臨床の現場での体験を重ねてきましたので
お受けした事のないケースの方が少ないかもしれません。



カウンセリング(心理学のツール)は、頭で考えるものではなく
【自分以外の考え方を体験してみる】ものです。

お料理と同じで「食べて見ないとお味はわからない!」
のと同じような物です

ハートブレイクまたは心の痛みが
カウンセリングでどれくらい軽くなるかは
体験してみないとわかりません

その方の問題の大・小は個人差もありますので
一言で片付けるわけにはまいりませんが

・癒したい
・楽になりたい
・今の状況を変化させたい
・そして素敵な自分になりたい など

と、ご相談者様がお持ちの意欲の分だけ回復も確実に早まります。

症状がとても深い方、例えるならば離婚寸前のカップルでも
元の2人が出会った時以上の関係に戻る事は
私が実際に携わったケースを見てもそう難しい事ではないのです。

そして元の関係以上の関係(第二のハネムーンを)
体験して頂いた後もハートのクリーニング(カウンセリング)を
カウンセリングで継続して受け続けて頂いている
リピーターの方も多くいらっしゃいます。



先週の月曜に去年の春ぐらいからカウンセリングを
ご夫婦でお受け頂き、60過ぎのカップルのご夫妻の離婚の危機を
カウンセリングで見事に抜けられ
第二のハネムーンと言われるロマンスを
現在体験されていらっしゃる方の訪問をお受け致しました。


・当時はすでに別居状態で離婚を考え続けてた自分が
嘘のようだという事。
・現在が夫との関係において、こんなにもお互いが楽になるという事は
夢にも思ってませんでした。


という会話をご夫妻とのお茶を昼下がりにしました。
その時におっしゃられた言葉ですが


「自分の考え方だけでは、ただ、もがき続けるだけで
悪循環に繋がるという事を知り、自分以外の考え方で
自分自身にチャレンジし続けた時に、たった1年程で
今のような状況があるとは予想もできませんでした
だから、カウンセリングを受け続けていく効果の素晴らしさを
身をもって体験しましたよ(^^)」


と、カウンセリングを続けた事へのお褒めの言葉を頂きました。

セラピーの現場を、病院にたとえると、
電話でのカウンセリングを「心の点滴・心の痛み止め」とも
呼びます。

人生の中で起きた出来事により心が痛んだ時・痛んでいる時
カウンセリングを使って、人生をより楽にしてゆく道と
一人で更に考え続けて、自分の考え方で更に辛く過酷になっていく
道は2つに分かれています。

同じ人生を生きるならば
自身の回復への道、状況好転への道、悩みが解決する道
楽で・早くて・簡単な・楽しい人生の道へ変化のさせる方法を
私はご相談者様とカウンセリングを通じて心の痛みを
癒すという手法を用いて、様々なご提案をさせて頂いております。

どんな悩みでも苦しみでも心の痛みでも
決して一人で抱え込まずに御相談下さい
貴方の勇気ある一歩を私はお待ち申し上げます。


電話番号 

090-5156-8230(Docomo)
080-3132-2863(SoftBank)
070-5040-8634(Willcom)
固定電話もございますので、携帯に先にお電話を頂ければ
お電話番号をお知らせ致します♪
(お問い合わせとご予約対応が殺到した場合は、皆様への応対が難しい為
ご理解とご協力よろしくお願いします。)

PC:E-mail:yoshimi7@agate.plala.or.jp

http://www.eonet.ne.jp/~kobenet/yoshimi
[New!!] 11月中旬にリニューアル予定です♪

http://healingmama.blog60.fc2.com
Blogでカウンセリング最新状況を御確認頂けます。
カウンセラーの日常や心理的な事や私の様々な事を毎日更新しています♪

*番号が非通知ですと電話が受け取れない恐れがあります
*お時間は深夜でも早朝でもかまいません、お気軽にお電話ください♪


もっと見る