相談&回答

約3分で読めます。
※相談&回答を読んだ時の目安時間

変わってしまった自分

ご相談者:10代/男性

はじめまして、今から話すことは周りの人に相談しずらいのでこのサイトを利用しました。
僕は中学の頃学力は平均より少し上くらいでした、中学が終わって高校から一生懸命勉強をし今通っている高校の校内順位で1桁になり、模試でも中学校の頃負けていた人に普通に勝ってしまうようになりました。それが原因で自分より賢くない人に対して暴言や教えている時も怒りながら教えてしまい、ついには大切な人にもそれが原因で離れていきました。僕は人を傷つけるようなことは絶対嫌です、でも周りにいる普通の人とは違うと自分の中で決めつけてしまおうとあえて人を見下してしまっているんだと思います、原因はわかっています、ですが治し方がわからないです。どうしたらいいですか。昔の僕に戻りたいです。こんな僕でも信頼出来る友達はたくさんいます、 でも話しずらいです。教えてくださいどうすれば昔の自分に戻れますか、しかも将来教師になりたいので今のままでは勉強以前の問題だと思います。どうかお願いします、僕に答えを教えてください、本当におねがいします。

10代/男性 | 日付:2019年1月 3日(木) 22:04 JST | 閲覧件数: 201

意識付けを積み重ねていってください。

スクールカウンセラー / 研修講師 / コーチ 増田 進明

 怒りながら教えてしまうといった、本心では人を傷つけるようなことは嫌だとわかっているのに、つい失敗を繰り返してしまうといったことは誰にでもあるものです。人を見下してしまう自分も、そう考えてしまう自分は好ましくない、好きではないということは充分にわかっていることと拝察します。

 そのような「好ましくない言動をついついしてしまう」自分を変えていくためには、「意識付け」の積み重ねが必要で、だんだんと言動が改善し定着してくるまでにある程度の時間と経験が必要になります。

 望ましい言動を意識付けするための方法としては、
1)「違和感」を感じる「しかけ」を作る
2)「違和感のしかけ」と「意識付けしたいこと」をセットで結び付けて憶える
 というやり方があります。

 たとえば、「人前ではできるだけ笑顔でいることを意識したい」と思っている人がいたとして、
1)いつも掃いている靴やスリッパの内側のつま先付近に、丸めたティッシュを詰めておく
2)「丸めたティッシュ=笑顔」と結び付けてセットで憶えておく
 という手順を踏むと、靴やスリッパをはく度に、「ん?」と、つま先のあたりにいつもと違うティッシュの圧力(違和感)を感じます。
 そうすると「あ、そうだった、笑顔だったな」と思い出して、笑顔を意識できるようになるという流れです。これを積み重ねていくことで、自然と笑顔を意識することが定着されやすくなります。
 
 これは車で営業のお仕事をしている社会人の方の例ですが、車のドアの付近に「鈴」をくくり付けて、訪問先の敷地に駐車してドアを開ける度に「チリン」と、普段ドアを開けたときには聞こえない音が鳴るようにしたそうです。
 その方は「鈴=笑顔」とセットで憶えるようにしていたため、訪問先で笑顔を意識することがだんだんと定着するようになりました。
 どのような違和感を感じる「しかけ」を作るか、何をセットにして憶えるかについては、ご自身でアイデアを出してやってみる方が定着しやすいですので、私からは靴にティッシュと車のドアに鈴の2つを紹介しましたが、そのまま真似をするというよりは自分で考えてやってみてください。そのような試行錯誤することも好ましい言動を定着させるためにはプラスに影響します。

 当然このやり方でもつい失敗してしまうことがありますが、そういったトライ&エラーの繰り返しでだんだんと定着していくものです。昔の自分に戻るというよりは、より望ましい自分に成長するというイメージで、そのための必要な手順を踏んでいると思ってあきらめずに続けてみてほしいと思います。

 長文読んでいただきありがとうございました。

このプロに有料相談

回答日時:2019年1月11日(金) 13:26 JSTお礼のコメントを書く

・お礼はご本人のみ投稿可能です。
・回答を読みましたらご投稿下さい。


スクールカウンセラー / 研修講師 / コーチ
増田 進明相談件数:119件
プロフィールこれまでの回答
このプロにすぐ相談 このプロに有料相談

こちらのプロも相談受付中です。

今すぐ相談!会員登録(無料)

悩み辞典は、安心して登録・相談できます。

※ 当サイトは、ご記入いただいた個人情報を、お問い合わせに対するご連絡以外の目的では使用いたしません。

※ ご記入いただいた個人情報は、当サイトで保有し、第三者に提供することはありません。

※ 当サイトの個人情報の取扱方針につきましては、プライバシーポリシーをご確認ください。

※ 財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より個人情報の適切な取扱いを実施している企業であることを 認定する「プライバシーマーク」(Pマーク)を取得しています。

※ ベリサイン社のデジタル認証IDと暗号化(128bit)によって保護され、安全にお申込み頂けます。