相談&回答

約6分で読めます。
※相談&回答を読んだ時の目安時間

独りで悩みを背負い続けており苦しいです。

ご相談者:10代/男性

高校三年生です。受験期ということもあり早期解決しておきたいと考え相談させて頂きました。
自分はバイセクシャルで悩んでいます。
自分はクラスメイトのKくんのことが好きなのですが、現在とても気まずい状態にあります。
経緯としては、自分は話す時にボディタッチがやや多いのですが、以前好きだったTくんはそのことをとても嫌がっており気まずかったのですが、触らないように気を付けていたら実際に普通の友人に戻り、今でも親しくすることが出来ています。Kくんも以前から自分に対して、他人と比べると雑であったり失礼な対応を取っていました。私はKくんも、Tくんと同じく他人に触られるのが苦手なのだと考え、触らないように意識し、もう触らないように気をつけるからごめんねと本人にも伝えてありました。しかし、一向にKくんの対応は変わらず、Kくんは自分自体が嫌いなのだと気付きました。しかし触らないように意識することに越したことはないのでそのまま気をつけていたのですが、ある時に教室でつまづいて意図的にKくんに触ってしまったような形になり、本人に触らないと宣言していたこともあったのかもしれませんが、Kくんは無理やり手を振り払って叩くような嫌な対応をとりました。そこから自分もKくんのことをやや避けるようになり、余計に話しづらくなってしまいました。今では教室で目が合ったりするだけでもとても気まずく、いっそ死んでしまいたいと考えることもありました。しかし、毎日誰にも打ち明けられずに考えているうちに、自分のことがそんなに嫌いならKくんに殺してほしい、また自分が直接加害者になるのは嫌だと感じていながらもKくんが死んでいるところを見てみたいと考えるようになり、自分でも恐ろしく寒気がしています。今でもその考えは変わらず、最近では自殺することもありなのではないかと思い始め、もはやその三択しか解決策はないのではないかとしか考えられなくなってしまいました。思い切って親友に相談したのですが、親友は寄り添ってはくれましたが、やはり具体的な解決策は思い浮かばないと言っていたので解決の糸口でもいいので発見したいと思い相談させていただきました。
今の社会ではLGBT差別を無くそうということが提言されつつも実際は当たり前のように蔓延しているので、自分もいわゆる普通の人間に戻りたいと強く感じており、この問題を解決できればそれが可能なのではないかと思っているので、具体的な解決策でなくても大丈夫なのでどうか宜しくお願いします。何ヶ月間も1人で考える中で、この問題は全くもって自分が悪いことや他人に容易に理解してもらえる問題でないことは自分で気付いていますが、それでも悩みに寄り添ってほしいと考えています。宜しくお願いします。

10代/男性 | 日付:2017年7月28日(金) 10:59 JST | 閲覧件数: 424

未来を信じてみてください

心理カウンセラー 青山 由

ひろとさん、こんにちは。
ご相談拝見いたしました。

受験の時期に恋の悩みというのは辛いものですね。
今、ひろとさんにとってはどちらも大切に誠実に考えていらっしゃるのでしょうね。

ひろとさんは思いを寄せているKくんに嫌われていると感じていて
自殺を考えてしまうほど、辛い状況なのですね。
とても一途で情熱的な方なのだなと、お見受けいたします。

「恋は盲目」と言うように、情熱的な人こそ好きな人が自分の生活の中心になり、他の事が見えにくくなってしまう傾向があります。とても純粋でピュアな方なのです。

多くの人が、他人に嫌われるより好かれたいという願望を持っていて、相手が好きな人なら尚更強く願います。ひろとさんもきっと同じで、純粋に恋をし、相手に好かれたいと願い、相手を敬い、幸せな結末を望んでいるだけではないでしょうか。ただ、今はひろとさんの願うものとは真逆の状況となっていて、その現実に心が付いて行っていないのだと考えられます。なので辛さも倍増してしまいます。

Kくんの態度から、自分は嫌われていると思っていらっしゃるようですが、実際には、Kくんの気持ちはkくんにしかわからないのです。

ひろとさんはバイセクシャルということで男性を好きになることは自然で、Tくんもそうであったようにkくんのことも好きになり、kくんが嫌いであろうタッチも一生懸命やらないようにと避けて来られましたが、ひろとさんのその好きという気持ちをkくんが感じ取っているとすれば、ひろとさんのことを好きか嫌いかの前に、kくんがバイセクシャルでない前提で考えると、同性から好意を寄せられる現実に慣れていないことと、同性と恋愛をする思想が元々kくんの選択肢になく、どうしていいかわからないと戸惑っている可能性もあります。

LGBT差別は以前よりも理解されるようになりましたが、まだまだ偏見なども含めてLGBTの全てを受け入れるという体制にはなってはません。これにはもっともっと長い時間が必要なのです。

例えば、今の若い世代は生まれた時から携帯電話があり連絡はメールやラインが一般的ですよね。社会人の中にも会社を休む連絡をメールで済ませ、年配の上司に不満が溜まっているなんて話を耳にします。(今は連絡はすべてメールでとなっている企業も増えています。)上の世代からすると、メールは手を抜いているように感じられますが、若い方に悪気はなく当たり前の連絡手段として使っているのでそこで齟齬が生まれます。この齟齬は携帯電話やメールに慣れていない世代が一掃しない限り少なからず続くのです。

LGBTに関しても同じで、日本ではLGBT差別問題が広く知られるようになったのはごく最近で、表面的にはLGBT差別を無くすと謳っていても、まだまだ現代では難しい問題だと言えます。
男女差別も1947年に男女平等の憲法が施行されましたが、個々の解釈の中では未だ男女差別意識が存在するのが現状です。


Kくんの話に戻りますが、ひろとさんはただ単に純粋に恋をしていて、今その恋路が一番避けたい方向に進んでる状態だと思います。このまま悶々と過ごすことはこの先の受験勉強にも影響を与えかねません。もしできるのであれば、kくんに自分の気持ちをきちんと打ち明けてみてはいかがでしょうか。もちろんうまくいく保障はないですし、kくんがLGBTに偏見を持っているのなら、ひどい言葉が返ってくるかもしれません。もしその状況を受け止める覚悟を持てたなら、思いを伝えることをお勧めします。

良い返事なら願ってもないことですが、悪い返事の場合は潔く失恋をし、次の恋を探しましょう。もし、思いを打ち明けることが出来ないのであれば、この悪い状態を断ち切るべく、きっぱりと諦めることも一つです。

お笑いのブルゾンちえみさんが「男は35億」と言ってますよね。ひろとさんはそれ以上が対象です。それでもLGBTはそんなに多くないと思われるかもしれませんが、LGBTでなくてもそれは一緒です。何度も失恋します。報われない恋を経験している人はとても多くいます。それでも失恋してどん底にいても不思議と次の出会いがあるものです。出会いが無いにしても、あれだけ悲しかったはずのに忘れてしまうものなのです。そこが人間のいい所です。

辛い現状を自分から捨ててしまうのもひとつの手段です。もちろん思い続けることを選ぶという選択肢もあります。

ただ言えることは、今は辛い時期ですがこれから先楽しいことや嬉しいことがたくさん待っているということです。もちろん辛いこと、苦しいこともありますが…。ひろとさんのことを大切に思ってくれる人は必ずどこかにいます。その人との出会いの時期も場所もわかりませんが、未来は誰にでも必ずあるのです。

ひろとさんの幸せな未来をお祈りしています。
受験勉強も頑張ってください。

回答日時:2017年7月29日(土) 12:08 JST

ご返答ありがとうございました。
今はまだKくんに話しかけることは出来なそうですが、近く頑張ってみようと思います!
まだ努力出来ることはあると分かりました、ありがとうございました。

| 10代/男性 | コメント投稿日:2017-07-29 |

・お礼はご本人のみ投稿可能です。
・回答を読みましたらご投稿下さい。


心理カウンセラー
青山 由相談件数:80件
プロフィールこれまでの回答
このプロにすぐ相談

こちらのプロも相談受付中です。

今すぐ相談!会員登録(無料)

悩み辞典は、安心して登録・相談できます。

※ 当サイトは、ご記入いただいた個人情報を、お問い合わせに対するご連絡以外の目的では使用いたしません。

※ ご記入いただいた個人情報は、当サイトで保有し、第三者に提供することはありません。

※ 当サイトの個人情報の取扱方針につきましては、プライバシーポリシーをご確認ください。

※ 財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より個人情報の適切な取扱いを実施している企業であることを 認定する「プライバシーマーク」(Pマーク)を取得しています。

※ ベリサイン社のデジタル認証IDと暗号化(128bit)によって保護され、安全にお申込み頂けます。