相談&回答

約9分で読めます。
※相談&回答を読んだ時の目安時間

自分を変えたいです。

ご相談者:10代/女性

長くなってしまうかも知れませんが、目を通して頂ければ幸いです。

私は今高3なのですが、父親と血の繋がりがありません。私は母の連れ子で、年長の時に今の父と母が再婚しました。そして弟が生まれ、4人暮らしです。最初のうちは良い家族関係を築いていましたが、父が仕事で上手くいかずに溜まったイライラを家族にぶつけてくるようになりました。ある日家族で居酒屋に行き、原因は忘れましたが父が暴れだして、弟を引き連れ出て行きました。私は2人を追い掛け、父に話し掛けると「お前なんて生まれて来なければ良かったのに」「俺には本当の子供だけでいい」「お前は要らない」と言われました。その後父は弟と手を繋ぎ夜道に私を置いて家に帰って行きました。この時はイマイチ理解出来ずに居たのですが、今ではこの言葉がどうしようもないトラウマになってしまっています。家に帰ると、父がまた暴れ出し、家の中を土足で歩き、窓ガラスは割られ、家の壁には穴が開き、車もへこみ、サイドミラーも粉々になりました。母が泣きながら父を止めようとしても男の人に適うわけもなく、私と弟の目の前で母が首を絞められ殺されかけました。包丁を持ち出した父から、大泣きするまだ幼い弟を庇い、同じく大泣きする母を守ろうと頑張りました。その後外に出ていった父を追い掛けた母は、車に乗り込んだ父に轢き殺されそうになりました。私は警察に連絡して、事情聴取を受けました。母と弟が泣いている中で、自分が泣いては駄目だ、と強く思い一滴の涙も零せませんでした。これが私が小学5年生頃の出来事です。この日から辛い事や悲しい事があっても誰かの前で泣けなくなりました。
月日が経ち、私が中学2年生頃、弟は確か小学校低学年。母への暴力等はかなり落ち着いていたのですが、私への言葉の暴力は日常茶飯事でした。弟と母は容姿が良く、きちんとした血の繋がりのない私は除け者で、よく容姿について罵倒されました。たまには反発してみたら、と母に言われ父に舌打ちしたら襟首を捕まれ投げ飛ばされました。これがあってから口ごたえ等は出来ず、反抗期は自分の手首を切ることで感情を沈めていました。家でのあだ名はデブかブタで、今でもそう呼ばれています。確かにこの時の私はぽっちゃりしていましたが、現在は普通体型です。他にも書ききれないくらい色々な事を言われ、されました。また、酒を飲んで酔っ払った裸の父に押し倒され両手首を逃げられないよう一纏めにされ、股間を押し付けられた事もあります。これは高1頃の話です。
それから、異性や同性から告白されても愛を信じられずに、どうしてなんの価値もない私を好きになるんだろう、私なんてブスでデブなのに、と考えるようになりました。また、生まれて来なければ良かったんだ、死にたい、と思うようにもなりました。その考えはどんどんエスカレートし、愛は要らないからせめて身体だけの繋がりが欲しい、男女どちらでもいいからセックスをしたい、でも恋人なんていう唯一無二の関係は怖すぎるから要らない、適当な男に中出しされて性感染症になるか過労死で死にたい、と最近は思います。自分の身体と心なんてどうなってもいいんです。こう思うのは、今現在2ヶ月間1日も休み無しのような環境で、3年間毎日勉強に明け暮れているせいもあると思います。休暇が欲しい、愛されたい、と思ってしまう自分が嫌で嫌で仕方無くて、そんな資格無いのに求めてしまうのが浅ましくて、それを悟られないように毎日を過ごし、頼られたり甘えられたりはするものの、自分がそれを求められる場所は無くて、可愛いなどと外見を褒められれば拒絶してしまいます。昔のトラウマの話を母にしたら忘れられないお前が悪いと言われました。こんな自分をどうにかしたくてもどうすれば良いのか分かりません。

10代/女性 | 日付:2019年5月 3日(金) 17:44 JST | 閲覧件数: 192

親を捨てていい。あなたの人生は、あなたのものなんですから。

トラウマ(心の傷)とPTSDの専門家 百世 安里

いじめと心の傷(トラウマ・PTSD)の専門家、百世です。

ご相談ありがとうございます。

よく耐えてこられましたね。
あなたのつらい状況は、読んでいるこちらまで胸が痛い思いです。

あなたが受けてきたのは、すべて「虐待」です。

あなたは何一つ悪くありません。
お父さんに問題があるだけです。

ともかくご家族から離れること、特にお父さんから離れることです。

幸いなことに、あなたはいま高校3年生とのこと。
卒業すれば、堂々と就職できます。

大学を出ないと・・と心配されるかもしれません。
でも、借金して大学を出て、非正規しか仕事がなかったなんて話、ゴロゴロしています。
データでも、女性の全雇用者のうち6割が非正規雇用です。

それに、大学なんて行こうと思えば、あとから行ってもいいんです。

でも、これから4年もその家庭にいることは、あなたの心をどんどん壊してしまいます。

一刻も早く離れること。

それには自立して生きていけるようになること。
高校は卒業しておいた方が有利です。

あと10ヶ月、待ち遠しいかもしれません。
でも、この10ヶ月は、卒業と同時に家を出るための「準備期間」です。

お金も貯めなくてはいけません。
家賃だけでなく、礼金・敷金などで最初は数ヶ月分必要です。

親に保証人になってもらわなくても、
保証会社を使うてもあります。数万円かかりますが、頼らずにすみます。

できれば、住所を家族の誰にも知らせない方がいいでしょう。
ケータイやメアドだけでも連絡はとれます。
でも住所を知られてしまうと、押しかけてくる恐怖がありますからね。


離れた方がいいというのは、将来のためにもです。
こういう親は、子供をいつまでも自分のモノのように利用しようとするからです。

家事や生活費などを求め続けられ、
結婚もできず、親の奴隷のような生活を続けさせられた人も少なからずいます。

「誰が育ててやったと思っているんだ」
「子供が親の世話をするのは当たり前」
こんなセリフを吐き捨てられ、親の介護まで引き受けさせられる恐れがあります。

だから、一刻も早く逃げた方がいい。

将来、親の介護とかもしなくていいですよ。
だって虐待されてきたんですから。

お金が貯まったら、大きな都市へ引っ越して、
なにか資格をとったり、専門学校へ行くのも良いかもしれません。

私は親の見栄で有名お嬢さん短大に行かされましたが、
1回就職したあとは、まったく何の役にも立ちませんでした。
大学なんてそんなものです。

一方、家を出て自分で昼間OLをしながら、夜間で卒業したデザイン専門学校のおかげで
スキルが持て、ずっと食べていけました。
今でしたらIT系もいいかもしれませんね。

公務員も安定していますし、
あとは美容師さんとか、看護婦さんとかでしたら、一生仕事が続けていけます。

学生時代は、なかなか先のことなんて考えにくいかもしれません。
でも、社会に出る日はそう遠くありません。

自立しましょう。

そうそう「母がしんどい」と「ゆがみちゃん」というマンガがあります。
この2つは母親が毒親(どくおや)だったケースですが、
あなたもきっと共感されるところがいっぱいあるでしょう。

そして、こんな風に時間はかかるけれども、回復している人もいるんだということ。

必ず、あなたも回復できますよ。だから安心してくださいね。



あなたが「自分に価値を感じられない」「愛を信じられない」のは、
そういう風に扱われてきたからです。

いわばマインドコントロールです。
劣等感の強い男性は、女性を虐げることで、
自分は上の立場だと自尊心を保とうとするんですね。
実に、愚かな行為です。


「休暇が欲しい、愛されたい」と思うのは当然のことです。
みんな愛がほしいんです。

でもね、親に愛されなかったと嘆く必要はありませんよ。

親なんて、こちらから捨てたらいい。

私自身、親から数々の暴力やひどい暴言を受け、
子供のころから、逃げ出すことばかり考えていました。

「愛されたい」という期待があれば、寂しさが残るかもしれない。
でも、「自分から捨てた」のであれば、案外、清々するものです。


ひとつ気をつけたいのは、
自分を「愛されない人間」だと思ってはいけませんよ。

あなたの親が「愛することのできない人たち」だっただけなんです。

残念ながら、そういう親はたくさんいます。
親の間違った考え方のために、あなたの人生を台無しにしていいんですか?
そんなのNOです!

あなたの人生は、あなたのものなんですから。


人からの愛というのは、コントロールできないので、不安ですよね。
ですから、自分から何かを愛しましょう。

趣味とか、なにか好きなことを見つけてください。
走ることやスポーツ、絵を描くこと、陶芸や演劇。
アニメでも何でもいいですよ。好きなことに夢中になってみましょう。

あなたは「愛し方がわからない、好きなものもない」と言うかもしれません。

やってみましょ、なんでも。
やってるうちに楽しくなってくるもの、なぜか続いていること。それでいいんです。



お母さんがあなたのトラウマに対して、「お前がわるい」と言うのは、
お母さん自身の無力感・無価値観に向き合いたくないからです。

つまり、助けられなかった自分の力のなさ・弱さに目を向けられないんですね。
おかあさんも、依存的で弱い人です。

あなたは、強くなってください。

だいじょうぶです。これまでガマンしてきたあなたは、十分に強い。
ガマンしてきた分、これから幸せにならなくちゃ。

といっても、今はそんな言葉は受け入れられないかもしれませんね。
でも、あなたはまだ若くて、いくらでもやり直しがききます。


いいですか。「これまでの人生(過去)」よりも、

「これから先の人生(未来)」の方が長いんですよ。

その長いこれから先の人生を、あなたは作っていくことができるんです。
ゼッタイできます。

このプロに有料相談

回答日時:2019年5月 4日(土) 22:58 JSTお礼のコメントを書く

・お礼はご本人のみ投稿可能です。
・回答を読みましたらご投稿下さい。


トラウマ(心の傷)とPTSDの専門家
百世 安里相談件数:139件
プロフィールこれまでの回答
このプロにすぐ相談 このプロに有料相談

こちらのプロも相談受付中です。

今すぐ相談!会員登録(無料)

悩み辞典は、安心して登録・相談できます。

※ 当サイトは、ご記入いただいた個人情報を、お問い合わせに対するご連絡以外の目的では使用いたしません。

※ ご記入いただいた個人情報は、当サイトで保有し、第三者に提供することはありません。

※ 当サイトの個人情報の取扱方針につきましては、プライバシーポリシーをご確認ください。

※ 財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より個人情報の適切な取扱いを実施している企業であることを 認定する「プライバシーマーク」(Pマーク)を取得しています。

※ ベリサイン社のデジタル認証IDと暗号化(128bit)によって保護され、安全にお申込み頂けます。