相談&回答

約4分で読めます。
※相談&回答を読んだ時の目安時間

幼少期の虐待について

ご相談者:40代/女性

初めまして。相談にのって頂きたいのですが、よろしくお願い致します。子供の頃、両親の虐待に合いました。父親の母親への暴力がひどく、また母親はそんなストレスの中、私を無視したり、いじめたりする事でうっぷんをはらしていました。中学生になって、肉体的な暴力はなくなったのですが、27歳で独り暮らしするまで、精神的な虐待に合いました。(例:兄弟の中で一番できそこないのくせにでかい面するな等)その為、20歳の頃から、心療内科を転々としていました。どうしても両親を許せず、両親が一番可愛がっている弟、もしくは弟の子供を殺してやろうと思いつめ、警察に相談しましたが、相手にされませんでした。両親を訴えてやろうと思い、弁護士に相談しましたが、証拠がないので難しいとの事。今現在は、3年前、会社内でのセクハラや中傷、パワハラ、モラハラに合い、うつ病になり、休職し、復職がかなわず、無職です。これからどうしたらいいのか分かりません。死んでしまいたいのですが、一昨年、ネコを拾ってしまい、この子達を置いていくわけにはいかず、困っています。

40代/女性 | 日付:2010年10月25日(月) 13:42 JST | 閲覧件数: 4,402

これまで本当に辛く苦しかったですね。これからはお薬による治療と並行して、心の傷を癒していく作業をしていきましょう。

野崎 るみ花

はじめまして、カウンセラーの野崎るみ花です。
ご相談下さり、ありがとうございました。

幼い時から長い間、本当に辛く苦しい思いをされ、頑張って耐えて生きてこられましたね。父親が母親に暴力をふるったことは、大変ショックなこととして今も忘れることはできないでしょうし、母親のストレスの吐け口として心身ともに虐待を受け続け、両親ともに許すことはできないでしょう。やり場のない怒りや憎しみ、兄弟やその子供への敵意に、どのように対処したらよいのか、警察や弁護士も答えはくれず、どうしたらよいのかわからないですよね。

現在はうつ病を患っておられるとのことですから、まずはお薬と十分な休養をとって下さい。これまでの人生を振り返り、辛かった過去やこれからのことを考えると、絶望的な気持ちになってしまうと思いますが、“死にたい”気持ちはうつ病によって余計に強く感じられるものでもあるので、適切な治療を受け続けることが大切です。

そしてお薬による治療と並行して、過去に受けた心の傷や憎しみ、怒りの感情を、カウンセリングやワークショップ、自助グループなどへの参加によって、癒していくのがよいかと思います。

ワークショップはリプロセスリトリートとも言われており、虐待や子供のころに受けた心の傷を癒す代表的なセラピスト、西尾和美さんが提唱している効果的な治療法でもあります。日本でも行われておりますので、以下のサイトを参考にしてみて下さい。

http://www.officet-hc.com/workshop/kiyosato.htm
(オフィスTヒーリングセンター主催のリプロセスリトリート。このセンターは人間関係や家族問題を専門に、グループセラピーや癒しのワークショップも開催されております)

費用や場所の問題で参加が難しい場合は、西尾和美さんがDVDを出されてますので、活用してみるのもよいかもしれません。以下をご参照下さい。

http://www.adultchildren.jp/
(西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキット)
*アダルトチルドレンとは子供の頃に受けた心の傷によって、大人になった今も人間関係や様々な問題で苦しみ、生きづらさを抱えている人を指します。

全国各地の自助グループは以下のサイトで検索できます。のりぞうさんの場合は”アダルトチルドレン”の分類で探されることをお勧め致します。

http://www.iff.co.jp/community/selfhelp.html

これらのグループに参加することによって、心の傷が少しづつ癒され、どうしようもなかった怒りや苦しみから解放され、新しい人生を歩いていけるようになると思います。絶望感や心の傷から解放されるのは時間がかかるかもしれませんが、焦らず少しづつ、やれそうなことから始めてみませんか。

のりぞうさんには可愛い猫達もいます。その子たちはのりぞうさんがいなければ生きていくのに困ってしまうでしょうし、大切な家族でもあり、守るべき命ではないでしょうか。

のりぞうさんが自分自身の心の傷と向き合い、ゆっくりと癒しながら、大切な命と自分をいつくしみ、少しづつ回復していけるよう、心からお祈りしております。この回答が少しでもお役に立てれば幸いです。

回答日時:2010年10月26日(火) 23:24 JST

野崎るみ花様

お優しいお言葉、ありがとうございました。
ネコ達の為に頑張って生きていきたいと思っています。

| 40代/女性 | コメント投稿日:2010-11-14 |

・お礼はご本人のみ投稿可能です。
・回答を読みましたらご投稿下さい。


野崎 るみ花相談件数:221件
プロフィールこれまでの回答
このプロにすぐ相談

こちらのプロも相談受付中です。

今すぐ相談!会員登録(無料)

悩み辞典は、安心して登録・相談できます。

※ 当サイトは、ご記入いただいた個人情報を、お問い合わせに対するご連絡以外の目的では使用いたしません。

※ ご記入いただいた個人情報は、当サイトで保有し、第三者に提供することはありません。

※ 当サイトの個人情報の取扱方針につきましては、プライバシーポリシーをご確認ください。

※ 財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より個人情報の適切な取扱いを実施している企業であることを 認定する「プライバシーマーク」(Pマーク)を取得しています。

※ ベリサイン社のデジタル認証IDと暗号化(128bit)によって保護され、安全にお申込み頂けます。