「苦しいのなら逃げてもいいんです」~DV・モラハラ夫・パワハラ上司・イジメ

「夫のDVとモラハラで困っています。どうしたらいいのでしょう?」
「上司のパワハラと同僚からのイジメに悩んでいます」

カウンセリングをさせて頂いてると、客観的に「逃げた方が良い」
と思える場面が少なからずあります。

勿論、何でもかんでも逃げる事をお勧めしてるわけではなく、
ご本人の努力や工夫次第で改善の余地がある場合もあります。

けれどもできるだけの努力をし、行き詰まっちゃってるのに、
逃げずにひたすら耐え続けている人もいらっしゃいます。

確かに様々なご事情もあるでしょう。「子供の為に別れられない」
とか「経済的な理由で・・・。」とか、「その職を失う事はできない
・・・」等々。

でも、もしあなたが行き詰って苦しくて症状に出て来ていたり、
精神的に参ってしまってるのなら考えてみませんか?
→その状態が今後5年、10年続いたらあなたはどうなってしまい
ますか?

その答えがもし、命の危険や酷い状態になってる自分を想像させる
ものであれば、逃げる事も選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

人間も動物も我が身や我が子が危険に晒された時には「戦う」か
「逃げる」かして命を守り安全を確保しますよね。

戦う事もせず、逃げもしなければ、あっと言う間に我が身や我が子
に命の危険が及びます。

では、そんな状況なのに「逃げない事を選んでる」のは何故でしょう?

中には「逃げるのは卑怯だ」という社会通念に縛られてる人もいる
かも知れません。でも、命あっての社会通念ですよね。

或いは、「逃げちゃダメだ。どんな事も我慢しなきゃ。耐えなきゃ。
それができない自分は価値が無い」等といった”自分の信念”に
縛られて身動きできない人もいるでしょう。

僕は別にその”信念”を否定する気はありませんが、何事にも例外
がありますよね?

例えば、あなたは何の為に「逃げちゃだめだ」という信念を持って
いるのでしょう?
→恐らく、自分の価値やプライドを無くさない為に、とか逃げたら
 この先、もっと恐ろしい事になるかも知れないという不安や恐怖
 からでは無いでしょうか?

でも、どうでしょう。未来を少し想像してみませんか?

もし、今の状態が続いたとしての5年後、10年後の未来と
逃げたとしても、その後ご自分の忍耐強さや我慢強さを発揮した5年後、
10年後の未来を。

もし、逃げた場合の未来の方が少しでもマシと感じたならば、
今回は”例外的なケース”として、可能性のある方に賭けま
せんか?

そうして「今回は特別な例外だから逃げてもいいよ!」と自分に
許可を与えてみませんか?

えっ?お金や子供の事はどうなるんだ!って?

いやいや、そんな酷い状況を我慢して耐えてきたあなたなら
きっと何とかするんじゃないのかな?(無責任ですが(笑))

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加