Re婚塾【妻の言動】


普段は妻目線のコラムですが今日は珍しく夫側からの目線で考えてみようと思います。

と、いうのも最近夫側からの相談で、多いのが「妻が恐い」という事です。
これはいわゆる妻が夫を恐いという暴力とかではなく、精神的にやり込められるという物です。
理由は夫婦の中にある問題ですが、とにかく爆発する所までいかないと決着つかないという感じです。

要は喧嘩の理由は様々というより、奥様がエキサイトするための起爆剤は何でもいいと言う感じです。

これは心理学的な表現でいうと、エキサイトメーカーという、人とは、ヒリヒリした関係性しか築けないというタイプです。

こういうタイプの妻は、仕事をしても、どうしても職場での人間関係も上手くいきませんし、
場合によっては自分の親とでもいい関係を築けません。

そして致し方なく専業主婦という形になるのですが、いかんせんプライドも高いので、単なる主婦という位置には満足しないだけではなく、夫を自分のイエスマンにしたがります。

だからどうしても和やかな会話というものが出来難く、どうしても夫が参ったと言う所までやりこめてしまうという夫婦喧嘩が耐えません。

こういうタイプの妻に対し、どうしても夫は優しいタイプが多いので、子供が小さい内は夫も子供のためにと
何とか平和に事なかれ主義で生活しますが、子供が大きくなると夫にも、我慢の限界が来て、当方へ相談に来られるという事になるのです。

これは大変難しい問題で、そもそもが話し合いが出来ない夫婦ですから、将来に向けて夫婦関係の修復というか、良好な関係は中々築けません。

秘けつは適度な距離感を保つという事ですが、状態の程度によっては、円満な別居、もしくは円満離婚をお勧めすることがあります。

こうして女性が男性に勝とうとすれば、暴力は震えませんので、どうしても精神的な制圧になってしまいます。
こういう事にならないうちに、何でも早いうちの対策が必要でしょう。

では今日はここまで。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。