4大疾病、精神疾患加え5大疾病に…

関西は雨もカラリと上がったようで 本日は強い日差しに恵まれました。

今月6日に厚生省発表の医療計画の中に 今まで4大疾病(がん、脳卒中、心臓病、糖尿病)から 5大疾病が加わる事になりました。

加わったのは「精神疾患」です。

これまでの4大疾病も広義的な意味合いで 病名として挙げられておりますが 精神疾患 も広義的な意味での呼び方になります。

精神患ってどれだけあるの?   wikipediaより。

うつ病も含まれておりますし 病名の認定がされておられない方でも うつ的な症状をお持ちの方というのは多くいらっしゃられます。

読売新聞の 記事 です。

しかし、日本の対策としては私的には 日本の危機管理の対策の遅れには 震災を経験した私の所感でもありますが。

私の所に悩み辞典からご相談に来られる方には

>> 鬱病(=depression)はWHO(世界保健機構)によって >> もっとも大きな健康上の問題と指摘されております。

という文面をお伝えさせて頂く事が多いのですが そのデータとなるグラフがあります。

いかに精神疾患が日常的な健康を損ねているか グラフ化した数値のものです。

そして世界的にみても、世界保健機関(WHO)が行った 障害調整生存年(DALY)による疾病負荷の将来予測によると うつ病が2000年では総疾病の第4位であったのに対し 2020年には第2位になると予測されており 今後も大きな健康課題になると考えられている。

というレポートも出されております。

いかに日常がハードな方が多いか 日本という社会はブラック企業や過労死という言葉

それだけではなく、サービス残業など 欧米では考えられないような勤務形態も たくさん存在しております。

バーンアウト症候群という言葉もその一つです。

「日本人は働き過ぎる」 欧米の方が 日本人に対しての価値観がそうなるのは 日本人がいかに今まで必死にがんばって 働いているかが如実に理解されておられるからだと 私は思います。

仕事でのストレス、日常生活のストレス 人間関係でのストレス、自分の悩み

少しでも悩み辞典をご活用される事で 皆様の楽な人生が楽な方向に行かれる事を

そして悩み辞典が皆様の楽な人生へのリーダーシップを 取れるように、登録させて頂いてるカウンセラーの一人として 私も全力を尽くさせて頂きたいと思っております。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。