もう頑張れとは言いたくない。

もう頑張れとは言いたくない。 被災地で避難生活をされている方々へ、毎日あなた方から、私が励まされています。

世界各国から、日本人の忍耐強さと礼儀良さを絶賛され、その中でも気骨のある東北人気質に方々の弱音を吐かない、気丈さには私が励まされています。

もう充分頑張ってらっしゃいます。
本当はこれ以上、頑張れと言うのは失礼なような気がしています。

むしろ頑張らなくてはいけないのは、政府の対応と我々一般人です。
関西は神戸の震災を経験してらっしゃる方が沢山いて、その復興のノウハウは持っているのに、今はボランティアさんも、駆けつける事は控えています。
いつか近々、みんなの気持ちが届く事を願っています。

各分野に携わる方々。
特に自らの健康を犠牲にされ今回放水にご尽力下さった御英断には頭が下がります。
被災者でありながら、人々の為に働かれている方々、またそのご家族。

どうか、一日も早く、暖かい布団の上で眠られる暮らしが来る事を心よりお祈りしております。

そして不幸にして、ご家族を亡くされた方。
また、もうこのサイトをご覧になる事さえ、叶わなくお亡くなりになられた方、
本当に心よりお痛み申し上げます。

震災より10日経ち、やっと声を出せるようになりました。
遅くなってすいません。

そしてこれまで、私が回答させて頂いた東北地方の方々。
ご無事の連絡をありがとうございます。

また、未だご無事が確認できない私のクライアント様。
「やっと携帯が通じるようになった~」と明るい声をお聞かせ頂ける事を楽しみにしています。

どうか、どうか、皆様、ご無事で。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加