【速報!浅田真央ちゃん銀メダルから見る夫婦問題】



ちょっと、タイトルに無理がありますが(汗)・・・・・
今回のオリンピックはこれまでに無く見入ってしまいました。

正直言って、北京オリンピックも含めあまりスポーツ競技には感心がありませんでした。
と、いうより仕事の手を止めてまでテレビ観戦をする事が出来なかったせいも有りますが今回は違います。

何故かとても真央ちゃんのスケーティングが気になってライブの時間帯でチャンネルを合わせています。

とりあえず、真央ちゃん良くやった。私的には真央ちゃんに金メダルを与えます。
(何故か上から目線ですいません)

前回のオリンピックの時は悔しい思いをしただろうけれど、今回はその問題点を全てクリアしてきています。
これは これまでの練習の成果意外、何ものでもありません。

ダブルトゥルーフとか、トリプル何とかだとか、細かい事は判りません。
でも、とにかくようく練習しただろうな~と我が子のような思いで画面を見つめています。

練習に練習を重ねたお陰で、失敗の確率は間違いなく少なくなっています。
そして、身体と気持ちの余裕を感じます。

こうしてオリンピックに出場する選手はどなたにおいても、実力は大差ないと思います。
しかし、本番でその実力を発揮できるのは、やはり練習の多さでしかないと思うのです。

では実力に大差のない選手の点数はどこにあるのでしょうか?
ジャンプ力も着地もほとんど大差ない選手の違いはどこに現われるのでしょうか?

決め手は優雅さにあるように思えてなりません。
演技力です。
そして余裕の表情です。

私はつい日本人びいきで、浅田真央ちゃんを応援してしまいますが、キムヨナ選手の勝気な表情もたいしたものだと思います。

恐らくアスリートは負けん気があって当然ですし、リングの上ではライバルです。
演技上笑っていても、他の選手の演技は気になって内心穏やかでない事は良く判ります。

でも、今回は浅田真央ちゃんの穏やかな、優しい性格にとても和む物を感じます。
それなのに、以前のオリンピックから見ると、真央ちゃんは格段に成長しています。
これはこの穏やかな表情の裏で、並々ならぬ練習をしたのだな、と感心してしまいます。

特に成長目覚しい部分はジャンプ力です。
そしてスピードです。

回転数なんて、はっきり言って、何回跳んでいるか、早すぎて私は判りません。
それよりもその回転やジャンプにつなぐ所までのスピードが、グンと力強いというか、
しっかりしているのです。

これは、練習量に尽きると思いますが、特に着地の安定感は練習しかないと思います。

そしてそれを優雅に見せているのは「失敗をしない自信」だと思います。

これは練習量だけではなく、逆に失敗を繰り返した結果、何がミスに繋がるかを会得した結果です。

だから転ばぬ、こけない失敗はしなくて当然ですが、その上に優雅に見せるということが最後の決め手になるのだと思います。

さて、実力がほぼ同じ選手が優雅に見せるための演技力とは、ポーズの演出力だと思います。

これには、舞いのアレンジが必要です。
オリンピックともなると、コーチとは別にこのアレンジャーが着きます。
とても高額なアレンジの報酬を支払うのだそうです。
でもこのアレンジも高度な技術を持った選手のみ、こなせる技ですから、やはり基本的な力を備える練習というのが、当たり前としてあるのです。

さて、前置きが長くなりましたが、私はこの真央ちゃんを見ていてとても夫婦の関係を構築する事によくにているな~と思いました。

私の所に相談に来られる方は、残念ながら夫婦として、段末場のような状態になっている方が多いのです。

そして夫婦としてやり直すノウハウを求めてこられます。

ここが、最初からプログラムしていけるのであれば、とても物事はスムーズに進みます。
しかし、自分流なやり方で、ごちゃごちゃにしてから、どうしましょうと言う相談が一番困ってしまうのです。

これがスケートに例えていいますと、「自己流」で初めてしまったスケーティングは変な癖がついて
そこから抜けきれなくなっています。
ですから、できれば癖の付いていない状態で、つまり問題が発生した時点でコーチングさせて頂ければ
軌道修正も難しくはありませんが、自己流で滑り出し、間違って壁にあたり骨折してからでは治りに時間がかかり、問題の部分にまで到達しないという事が言えます。

夫婦の問題は家庭内の問題です。
だから、そんなに問題が起きたからといっても直ぐ、誰かに相談するという事は、できにくい事は判ります。
なるべく、人の手を借りずに、自分で解決したい・・・・・
これは 誰もが考える事で当然です。
でも その自己流は自分だけが正しいと思っていても、あなたのパートナーにその方法が合っているかは別問題なのです。

確かに、今はインターネットの中に情報は溢れています。

法的なことも、離婚への経験論も、自己流の解決策も・・・・・

でもそれと全く同じ方法でなぞってみても上手く行かないことが多いのは何故でしょうか?

要するに トレーニングをしていないからです。

ノウハウはパソコンの中にあります。
しかし、それはご自身の性格に照らし合わせて、適した方法か?
またご自身のパートナーの性格に寄っても、そのノウハウが有効かどうかは違ってきます。

だからそのパソコンに書かれてあることは 基礎の部分であって、あなたのトレーニングはその基礎の上に
どのように、あなた流なアレンジを加えていくかが、優雅に見せる秘けつです。

では何故、優雅でないといけないのでしょうか?

とかく夫婦において「話し合い」というのは 優雅ではありません。
相手をなじるか、責めるか・・・・になります。

それでいて「本当はやり直したい」と言っても 責めてなじってすれば、相手の気持ちは離れます。

そしてその、「責めて」と書いて「攻めて」という論法を 皆が「話し合い」と呼んでいるのです。

こんなものは正直言って話し合いではなく、表情からすると「鬼の形相」です。

もしくは別のタイプは夫婦の問題解決を 「お願いだからやり直そう」という懇願です。
この懇願タイプは これまた逆効果です。

夫婦で問題が起きている場合は どちらかと言うと相手が疎ましく感じている時期ですから
この懇願は逆にうざったいものです。

だからたいていの方が「話し合い」と感じてらっしゃる事は 「話し合い」にはなっていないという事を私って欲しいのです。

夫婦の関係の建て直しは「話し合い」ではないと思っています。

もし、それを話し合いというのであれば インターネットの情報だけを鵜呑みにして成功するなんて思わないで欲しいのです。
そこに書かれてあるものは「一般的」でしかなく、それは基礎知識として知っておくことは大切ですが
何のトレーニングもせず、いきなり滑走路に飛び出すのは危険です。

平坦な氷の上に見えても、そこにはギャップという氷の穴や山はありますし、ジャンプをする場合でも
どれくらいのスピードをつけてからでないと回転数が上がらないか、インターネットを見ただけでは
ぶっつけ本番では上手く滑れないのです。

真央ちゃんだって、いろんな失敗を想定して、失敗しないように何度も何度も同じ所を練習したと思うのです。
それでも、氷という生き物はいろんな現象を起こします。

そんな現象も想定し、失敗しやすい自分の苦手な部分も想定し、その上で失敗しながら、強くなっていくのです。そんな地味な練習の繰り返しの後、初めて失敗をしなくなり、優雅な表情が保てるようになるのです。

スケートの選手も失敗の可能性のある苦手競技には表情も硬いです。特に本番で失敗した後は余裕もなくなりますから、その後の演技が、ぎくしゃくします。

長年練習を積んだ選手でも そういうことです。

それなのに夫婦の話し合いと言いながら、自分の弱い所も、相手の痛いところも全部、真っ向方に
ぶつけ合えば、それでいいとおもうようなぶっつけ本番が成功するはずが無いのです。

それは、おそらく必死を抱えた、「鬼の形相」の余裕の無さは、相手に和みを与えません。

和みの無い中で「話し合いを・・・」と言っても、結果はお判りになると思います。

昔は夫婦の問題は、親や恩師や仲人に相談に行きました。
しかし現代は結婚も仲人を立てませんし、恩師のような頭の上がらない存在はいなくなっています。
まして親さえもいびつな考えを持つ方も多く、夫婦の問題の原因にさえなっている場合があります。

だからこそネットで情報を得たりして、1人で解決しようと行動するのだと思いますが、そこから自分にあった方法を見つけ出し、失敗も想定し、こけないようにトレーニングを積んで欲しいのです。

それには昔と違ってこういう問題を解決するトレーナーがいます。
夫婦問題アドバイザーなんて昔は必要なかった職業ですが、今は何でも「プロ」の時代です。

この職業は国家資格も何でもないですが、少なくとも日々こうした問題に取り組んでいます。
未経験の夫婦問題を抱えた方々には、解決のプロが必要です。

大昔はオリンピック選手でも、努力と才能だけで勝負した物です。
しかし今の時代は一人では戦えません。
コーチ、トレーナー、アドバイザー、プロデューサー、コンサルタント。
色々な呼び名のサポーターがいますが要は未経験の方よりも経験を積み、有効な結果をもたらすアドバイスをします。

仕事だって昔は会社に入って、仕事は見て覚えたのです。
しかし 現代は学校を卒業したあと、職業養成学校に入り、会社へは即戦力として入ります。

それくらい、未経験のぶっつけ本番は世の中では通用しないのです。

それなのに、夫婦の問題、しかも離婚問題にまで発達しているのに、相変わらず自己流でぶっつけ本番です。

これは失敗する確率が高いのですが、逆に失敗しても誰も文句は言いませんから、後で「しまった」と思うのは自分だけしかいないのです。

そういう事で、これまでくどくど書きましたが、あれほど練習を積んだと思われる浅田真央ちゃんだって、失敗しないという保証はないのです。

それくらい、いざというアクシデントを想定し、万一こけてもすっと立ち上がれる練習もしているのです。

なのに、夫婦問題という事で悩む奥様方や夫君は 「この先、こうなればどうなるのか?」というシュミレーションもせず、「話し合い」に望むのは無茶だという事です。

まして ようく考えてみると それって「話し合いで解決できる事ですか?」という事です。

この点から考えて、とりあえず、何の戦略も戦術も持たず、敵地に乗り込むことを話し合いと思っている
と玉砕するという事も有ります。

せめて、乗り込む前に「どうしたいか?」ではなく「どうなるか?」というシュミレーションくらいは
出来るようになりましょう。
話し合いで解決を望む妻が多いのに比べ、夫君は話し合いはできるだけせずに離婚をしたいと考えています。
だから実力行使で、先に家を出たり、話し合いも事前にせず、離婚届を突きつけるのです。
要するに、その前のプロセスは必要ないということです。

もっと言えば 最近富みに多い案件が、夫の浮気相手に直談判をしに行ったけれど、あっさり否定されて終わりとなり「先生どうしたらいいですか?」という相談です。

その行く前に、「こう言われたらコウ切り替えそう」とか「しらばっくれられたら、切り札は?」
こんなことを予行演習しましたか?
何にも武器も持たず、ノープランであれば、そりゃ負けますよ。
だって、他所の旦那に手を出して平気なツワモノでしょう。こりゃかないませんよ。
しかしこうした直談判される妻のタイプに共通して言えることがあります。
意外と「自信が」あるのです。
何に対して自信があるかというと、正しい者が勝つという自信です。
妻の立場で直談判し、正しい事をまっすぐに言えば通用するという妄想です。
そういう妻は本当の所、悩んでいる事は判りますが、意外と自分のしている事に自信たっぷりです。
だから、それが上手く行かなくなった場合、更なる答えを求めますが、実はその直談判が
この先、とても悪影響が起きるという事を知りません。
ま、そこを指摘されることも嫌がりますので、深くは言いませんが、実はこの大切な事を
無計画に進めることは、話あいでもなんでもなく、要は「文句を言いに行った」という事に過ぎないのです。

そういう意味で夫に対しても、その浮気相手に対しても、話し合いというつもりでも
相手にとっては 妻の愚かさを見せてしまうだけになります。
これこそが話し合いではなく「ただの文句」になる事を 知っておきましょう。

そして、特に浮気問題を抱えている妻の方々に申し上げます。

最近にとても多いケースです。
びっくりするような高額な探偵を雇い、尾行に失敗され、夫に調査がばれて、結局夫と別れる羽目になるケースで、そこからどうしようという相談です。

これは調査会社選びから失敗しているので、お金は使い果たしたから、何とかして欲しいという希望で相談される方が多いのですが、すべて玉砕したあとでは 成功率は殆どありません。

先ずは調査会社選びから、間違っているという事をお気づきになってもらいたいのです。
その上で最初、調査をしようと考えた理由を思い出してもらいたいのです。

不貞の証拠をとらないとダメと考えたのがそもそものはずなのです。
そうしなければならないから高額な調査料金を払ったはずです。
それなのに、それに失敗したからといって、それよりベストな答えを・・・と相談されると、
この結果はやはりベストではないでしょうといわざるを得ません。

まず、普通は一日ウン百万もしませんって。
この調査の会社に藁をも掴む思いで駆け込んだことは判りますが、万一離婚を選択する場合、ここでお金を使い果たしたら、あとは息切れするだけですので、何とかもっとお金を有効に使いましょう。
とにかく調査会社を決める前に、本当にそれだけの費用を掛けてもよい結果がえられる会社かどうか
、一度良く検討して見てください。

できればこの段階で御相談いただくことが ベストだと思います。

なぜなら 調査の仕事ですべて完了するわけではなく、その結果をもってして「さあどうするか」が肝心です。
それなのに調査の結果すら満足の結果でなければ、そこで気持ちは萎えてしまいますから、その先に中々力が出ないのです。そういう意味で「調査後」を見据えた計画が大事ですから 調査の内容によって
結果が大きく違ってきますので、どうか余り高額な調査は 一考して見てください。

私の仕事はそこからなのですが、できれば失敗をしない段階で作戦を立てます。
それが本当の離婚回避に繋がります。

自己流でこじらし、手を着けられないくらいの状態は、手遅れと言うしかありません。
そこで泣きつかれると、私もとても辛いです。

お願いしますから問題が悪化と感じたら、どうかその時に来てください。(泣き;)

夫婦の問題イコール弁護士先生という事が定着していますが
弁護士先生に頼む時はどちらかというと離婚の方が適します。

夫婦の修復の場合は弁護士先生とは少し違いのでは?とお考え下さい。

そういうことで夫婦の問題は病気と同じ・・・・早期発見・早期治療。
末期になれば助けたくても助けられません。

夫婦の修復は未経験のあなたがぶっつけ本番で上手く行くほど、簡単な世界ではありません。

どうか、変な癖が付いていない段階で基礎から立て直す気持ちで学んでください。
是非、一緒にシュミレーションをしながら、トレーニングを積みましょう。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加