夫婦うんちく・・・【もう嫌いになっちゃった】

当方で相談を受けるとき 一番困るのが 「もう嫌いになっちゃった」という感情です。
夫婦の間の問題が物事の善悪で判断できる事はまだいいのです。
しかし 色々あって・・・・それこそ善い事も悪い事も一杯あってその結果「もういい、心が離れちゃったから 今更、相手に変わってもらいたいとは思わない、速やかにゴタゴタせずに別れたい」という相談を持ちかけられるときに一番頭を抱えます。

どんな事でも 少しでもお互いにやり直したいという気持ちがあってこそ、修復の道を見つけ出せますが
こうした相談の場合は たいていは片一方の方は別れたくないという気持ちで、何とかそこを・・・・という事です。

気持ちと言う物は一度なくなってしまうと 魔法使いでも現われない限り どうしようもありません。
特にこれが妻の場合の方が夫がその気がなくなるより、一層、修復は難しいのです。

こう書くと女性は言い出したら聞かないという印象を持ちがちですが そうではありません。
意外とそれまでの間に女性は我慢強く根気強く嘆願しているはずです。
でも、もう言い尽くした後あまりにその我慢が不毛で無駄だと感じたとき 一挙に振り子が振れるのです。
しかし夫は そこから妻の気持ちを知るわけで 何でいきなり?という事になるのです。
「パチンコも止めるし、お小遣いも減らすし・・」と夫側は努力宣言をしても妻はもうそんなことではないと。

実際はいきなりではなく あれほど妻が訴えている時に何故真剣に聞いてくれなかったのかという人間性に愛想を付かされた場合 もう遅いのです。

夫にすれば 家事も協力するし、子供とも休みは遊ぶし、飲みにも行かないと言っても、妻にすれば「そんな事じゃない。」と言うのが 妻の言い分です。
もうこうなれば 時間のすれ違いというより 時すでに遅しです。

でも これで離婚という分には逆に答えがはっきり出て判りやすいのかもしれませんが もう見捨てられた夫には 家庭内の冷たい扱いという処罰が待っています。

夫側は そこからが気付き始めるのですから 「妻は冷たい」「愛想もなにもない」「料理に愛情を感じない」という不満になっていきますし 努力をすると言っても聞き入れられないのです。
昔なら 夫が「離縁だ」と妻を三行半にすればよかったのですが 現代はそうも行きません。
妻の方が 夫に三行半を付きつけ、それでいて離婚はせずに家庭内別居を余儀なくなれるのですから
家族が冷たい、かと言って離婚をすれば養育費などが圧し掛かる夫は行くも、戻るも寂しい蛇の生殺し状態です。

どうしたら妻や夫の笑顔が取り戻せるか?です。

話し合い?
これはともすれば 説得や逆に説教になる為効果的とは言えません。

妻や夫の心をコロッと変わらせる魔法使いの杖でチャラララ~ンと魔法の粉・・・・
そんなのは無いのですから、早期発見、全面降伏?
古典的な努力しかないと思いますが 不言実行では まずいでしょう。
最近の若い人たちは やはり言葉で宣言してくれたり 約束をしてくれることを望みます。

おなじ努力をしても 宣言してからの努力は 相手も注目してくれますから 最初の宣誓は大事でしょう。 
しかし これとて言うのは簡単ですが 実行したり努力は大変です。だからこそ有言実行で行きましょう。

暴力や浮気 借金やギャンブル・・・・これは法律で禁じられている為 善悪で判断できますが
「もう嫌いになっちゃった」という事には 何もストッパーがありません。
しかし 何も無くて 単なる心変わりというのは夫婦の間にはそんない多くありません。
むしろ急に心変わりをしたように パートナーが冷たくなったら それは原因が在ります。
原因が在って結果があるのです。
この原因に気付かず 過ごした人が 「何でいきなり?」になる訳です。

ここを甘く考えていると 偉い事になります。

少しでも家庭生活に寂しさを感じたら 一度 お話ししてみませんか?
目からウロコの気付きかがあるかもしれません。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加