夫婦は話し合ってはいけません?



随分 乱暴な書き出しで驚かれた方もいたらごめんなさい。

夫婦に話し合いが必要ないなんていうと 眉をひそめられるかもしれませんが いつでも誰にでもという事ではないのです。
夫婦なんて所詮他人の塊り。
判りあえると思っていること自体が勘違いかもしれませんが そう思えるうちは 美しい誤解でいいですね。

でも一旦 夫婦の気持ちがすれ違っていくと 話し合いという修正が必要になるのですが
実はこれが逆効果をもたらす事もあるという事が今日のお話です。

先ほど 書いた、話し合いが効果的じゃないというのは 「あるパターンに限り」という前置き付きです。

まずその前にこの悩み辞典での一番多いタイプの相談が「夫の心がわかりません。
どのように話し合えばいいでしょうか?」という質問です。

そこで頭を抱えてしまうのですが 解決の方法を 「話し合いで」という指定されることなんです。

これは妻のタイプに言えるのですが 何でも話し合いで解決できると考えている方が大変多いのです。

夫と心が離れて ギクシャクし上手く行かなくなったら話し合いたいと言われるのです、
「妻の私がどれだけ夫を大切に思っているか?」
「子供達がどれだけパパを必要としているか、あなた家庭をもっと大切にして」
と、切々と訴えれば判ってくれると考えている妻がとても多くいます。

でも例えば 夫に好きな人ができつつあり、メールなどをやり取りしてデートするくらいの仲になっている場合は その妻の切なる願いなんて聞いてしまえば、せっかくの浮き浮きした浮気心に水を指す事になり、そんな話しは聞きたくないのです。

これから始めようとしている浮気ですらこの調子ですから もうすでに深みにハマッている浮気ならば 尚更で
妻の言葉は 浮気の行く手を邪魔する「うっとおしい話」でしかないのです。

話せば、判る・・・・・・・・
本当にそうでしょうか?

「あなた、毎日残業とか、付き合いだとかで深夜帰宅だけれど 本当は浮気でもしてるんじゃないの?」と
聞かれて 「はい、そうです」という男性は まず居ません。

「あなた、話があるの、ね、私の話を聞いて」とテーブルに着くだけで 夫は実はヒヤヒヤしてます。
本当はびくびくしているのです。
だから それを隠すために 強気に出て「うるさい、疲れているんだ」とか
「そんなに僕の事が信じられないのか?」と逆ギレし 妻を黙らせるのです。

妻は 夫を怒らせるのが恐くて 言葉を引っ込めますが 本当に恐がっているのは 実は夫なのです。
そんな風に見えないでしょ、でもこれは本当です。
男性こそ 妻が恐いのです。だから 唸るのですよ。
何故なら 相手が怒る前に 自分が怒ってしまうこと、すなわち攻撃は最大の防御なり・・・・です。

お願い、浮気を止めて家には早く帰ってきて・・・・
妻は これを話し合いと言っていますが、こんなのは話し合いでも何でもありません。

でも中には 隠しごとがとてもへたくそで 浮気が妻にばれちゃって どうしようもなくなり あっさり浮気を認めてしまう人もいます。そんな場合 正直な人と妻は考えたいでしょうけれど 本当は自分の事で一杯一杯で 嘘付く事も出来ない小心者なだけです。

誠意で話し判ってもらいたい・・・・・・・・
「私にも悪い所があったので改めるからやり直したい」と妻は みんなそう思います。

でも 夫にすれば 「やり直すとか、そんなことではなく 今は 好きなようにさせておいてくれ、気が済んだら
家庭へ戻ってくるから」というのが正直な気持ちです。
むしろ うっかり尻尾でもつかまれたら 浮気もままならなくなるから 話し合いなんてしたくないということです。
つまり 「今は気ィ良く 好きなように浮気させておいてくれ」という事なのです。

でも妻は そんなことを言われても不安で仕方がないので 「じゃいつ?いつ家庭へ気持ちを戻してくれるの?」と
聞きたくなるものですが 実はその夫本人こそ本当はそんなこと判らないのです。

男性は今の恋が永遠じゃないことぐらい判っているのです。
でも いつまで続くか判らないし はかないからこそ 行けるところまで行きたいというのが本音です。

どんな夫でも最初から 家庭を壊す気で浮気をするわけではありません。
出会い頭の事故のようなものなのです。
物事は始めるのは簡単ですが 終らせるのは至難の業。でも始まってしまったからには 行き着くところまで行きたいのです。そう遠くない将来には 浮気は終っているだろうから・・・・・・

しかし ここで 計算違いが起きるのです。

最初は数ヶ月でも ちょろちょろ遊べばいいし、相手の女性も結構 サッパリした女性だから・・・・
なんて考えていたら 意外と「奥さんと別れると言ってたのに、別れないなら死んでやる~」なんて 大騒ぎ。

ここら当りになると、普通は男性はうるさく言う方をうっとおしくなって切ると思いがちですが 実はその反対です。
聞き分けのない、そこまですがってくれる女性の方に惹かれてしまうのです。

なのに妻は 「子供いるんだし、家庭の事はどう考えてるの?」と道徳心と理論で話し合いをするものだから
夫は益々 話し合いの土俵から逃げるのです。
だって 男という動物本能丸出しで浮気をしているのに そこに道徳心を持ってこられても・・・・という感じです。
夫は自分のしている事が決して褒められたことではないことくらい 誰よりも一番知っているのですから。

ね、これで話し合いというのは 妻が思っているほど 効果的でないことはお判りいただけたでしょうか?

ではどうしたら良いか?
放っておけという意見も時々あります。
気が済んだら 夫は家庭に戻ってくるから・・・・と無責任に言う人がいます。
本当でしょうか?こう言った人は ご主人が戻ってくるという保証をしてくれるのでしょうか?
だったら 何ヶ月たてば 男性は気が済むのでしょうか?
いくら 遊んでも家庭へ・・・・やはり妻が一番なのだから・・・・・なんて明治時代の男の話です。
いえ、時代というより 道徳教育が在った時までです。

今は道徳教育が無くなってゆとり教育ですから。 それで緩んじゃっている男性に 「道徳的話し合い」をしても
効果がないということは お判りいただけますか。

しかし 放っておくことは よくありません。
「あなた、もう二度と浮気はしないで、その女性とも別れて」と 約束させてもそんな簡単にはいきません。
だから放っておく以上によくないのは 「話し合い」という 約束です。
何故なら 相手女性からも 「奥さんと別れて」と約束させられているのですから。

この約束と言う言葉は 罪なものですよ。
夫に約束させておきながら、そんな妻ほど 女性と別れるって約束したからと言う夫の言葉を信じます。
そして結局 別れていないことが再び発覚したら 「約束を破った」「裏切られた」と 嘆くのですが
実は 夫は 本当は約束なんてしたくないのです。

それを無理クリ約束させただけの事で 夫はそんな約束したくもないのです。
でも 妻をなだめる為に(静かにさせる為?)「約束」させられるだけの事なのです。

いかがですか?
これで約束で約束とは妻がさせて、裏切られたと1人で傷付いているのも妻なのですが 無理に約束を取り付けるから
裏切られるのです。

だから 夫に嘘をつかせているのは 妻本人だという理論が成り立ちます。

こうして書けば 妻が悪いように聞こえてしまうかもしれませんが そうではありません。
私は妻の気持ちは痛いほど良く分かります。
しかし仕事柄、夫の本音も見えてしまうため その防御策をお話ししているのです。
つまり妻が求めている約束は自分で自分の首を絞める事になる事もあるという事です。

もう一度言います、なんでもかんでも 話し合いが一番と考えるのは お止め下さい。
話し合いは ちょこっとしたすれ違いや 可愛い誤解のある場合は調整のために必要ですが
夫に完全な背任行為はある場合 話で分からせることは そのまっ最中の深みにはまっている男性に 話しあいという 「道徳心」を突きつけても  無理に近いと思います。
元々「良心」にそむいている人は 話し合いなんてしたくないのです。
だから さっさと帰ってきたら 疲れたと言って寝てしまうのです。

何にもしないでいいとはもうしません。放っておけば 相手女性と絆を深めますのでやはりお灸は据えないとね。
そして そのお灸とは夫の性格に応じたお灸の据え方があります。
これは 話し合いより幾らか効果的です。個々の作戦を練りましょう。
いわゆる パーソナルな解決方法って奴です。

世間は3連休です。
家族が集まる休みは 逆に家族の問題が表面化するときでもあります。
どうか 自己流の話し合いが一番なんて決め付けず 一度 Re;婚かうんせらぴーにご相談してみてください。

きっと目からウロコの答えがありますよ。
ではでは 連休最後の日を 平和にお過ごし下さい。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加