みんなに掲示板で聞いてみる

これってパワハラ?

(全回答数:1 件 / )

48
はじめまして。長文失礼します。一昨年~今年2月にかけて海外に住んでいたのですが、その時のあるアルバイト先でのマネージャー(50代日本人女性)の言動が今でも引っかかって忘れられず、スッキリと新生活を始められず、相談させて頂きました。

去年の10月から今年1月下旬まで、海外のあるレストランでウェイトレスとして働いていたのですが、面接初日や始めの一週間の時点で違和感を感じることがありました(初日に「私は他人の良いところを見つける天才だと自分では思っているけれども、今の時点ではあなたの良いところが見つからない」と言われたことや、知らなかったルールについて「日本人としての常識がない」「心がこもってない」と怒鳴られる)が、まだ日数が経っておらず店に慣れてないからだろうと思い、この時点では素直に注意を聞けていました。また、そのマネージャーの接客は素晴らしいと面接初日から感じていたので(※)、もっと学びたいという気持ちが強く、自分なりにどうすれば良いか反省して、少しでも早く店の役に立ちたいと頑張ったつもりでした。
(※来店時の「いらっしゃいませ」が本当に人を迎え入れるようで、お客様への気配りも細やかでした。一流ホテルでの接客経験があり、子供も好きな方で、このレストランチェーンの中で接客No.1を表彰される程でした。)

しかしその後も接客・清掃・連絡等で、細かいところに気付けない・連絡が不十分等で「心がない」「周りが見えていない」と叱られることが多々あり、叱られる度にどうすれば良いか、自分なりに考えて次に活かすのですが、1つが改善すると他のところでミスをする等、なかなか期待に応えることができませんでした。
その後も叱られる頻度は変わらず、だんだんマネージャーの怒り方がひどくなってきました。「あなたには子どものように一から十まで言わないとわからない」「あの時やっぱり辞めさせておけばよかった(※)」「あなた本当に日本人なの?」「バカじゃないの」「あなた日本で浮いてなかった?そうじゃないとしたら日本は終わりだわ」「あんたの顔、見たくない」「気持ち悪い」「死ねって言いたくなるわよ。そう言われても仕方ないのよ」等。そしてある日、店じまい直前に小さいですがまた失敗をし、いすを床に投げつける程に怒らせてしまいました。「私が勝手に怒ってるんじゃないのよ、あなたがこうさせてるのよ」と言われ、自分で最大限の努力をしても、マネージャーの要求に応えることができない、店にとって役に立ってないため、やはり辞めさせて頂きますと言うと(※)、「何度私を裏切れば気が済むの?私はあなたに期待なんて全くしてないし、最後の日も気持ちよくさよなら言えそうにないけど、礼儀として最後までやりなさいよ!」と怒鳴られました。
(※以前にも2回程同様に感じたことがあり、辞めたい意思を伝えましたが、「これまで失敗した分取り返しなさい」と言われ、承諾されませんでした。)

もう私がどう頑張っても店には迷惑しかかけることができないと愕然とし、その日は家に帰って様々な人に話を聞いてもらったところ(それまではあまり職場のことは話していなかった)、一様に「そんな職場、もう行かなくていい」「どうしてそんなところを3ヶ月も続けたんだ」との返事でした。私としてはマネージャーが言う通り、期待はされていなくても、礼儀として私のできる最大限の努力を最後までさせてほしいという気持ちはあったのですが、一方でやはりどれだけ頑張っても役に立つことはない・店に対して何もできることはないという絶望感と、みんなの意見から、次の日店に行くと約束しましたが、結局行くことができなくなりました。

それからはとにかく私はどうするべきだったのか、今でもわかりません。マネージャーが100%悪いなんて思っていません。実際、マネージャーが言う通り私は鈍臭い方ですし、あまり人と接するのが得意ではありません。しかしやはり言い方が行き過ぎなところがあるのではないかと思っています。私自身、当事者であるため客観的にこの事態を見られていないと思います。今は新しい職場が決まり、新生活が既に始まっていますが、今でも毎日のようにこのことが思い出され、「私はこのまま新生活を送って大丈夫なのか?私は社会に存在して良いのだろうか」と感じることがある程とても不安です。客観的な意見をお伺いしたく、投稿させて頂きました。長文読んで頂き、ありがとうございました。何卒、宜しくお願い申し上げます。

| heartful / 30代 | 女性 | 2013年6月19日 21:56 JST |

48
こんばんは。私も相談者さんと同じようなパワハラ経験をしました。
私の場合は事務補助だったんですが、発達障害があるので、指示がないと動けないんです。私の上司(50代女性)は、私が障害があるのを分かっていながら、明らかにそれを無視している感じでした。
やれと言われたことを素直に従ってやっているだけなのに、「やり方が違う!」と言われたり、指示される前に気を使ってやった仕事を「余計なことするな」とか言われて、結局は上司が自己満足でその場を取り仕切っているようにしか感じられませんでした。もちろん、今でもその時の光景はずっと忘れられません。

相談者さんの経験は、明らかにパワハラです。
同じ日本人なのに「あなた本当に日本人?」とか「バカじゃないの?死ね・・・」という言葉が上の立場の人間から出てくるなんて、犯罪といってもいいくらいだと思います。
結局は、そのマネージャーが自己満足したかっただけなんだと思いますよ。
どこの職場でも、立場が上の人間というのは、威張りたいんでしょう。

相談者さんは、今は新生活を送られているんですよね。そのマネージャーや職場とはもう縁を切られていますか?
もしそうなら、過去は過去として、いい経験をしたと思って忘れる努力をするしかありません。私もそうです。いつまでも記憶に残るものは残るし、同じく「存在していていいんだろうか?」といつも悩んでいます。
でも、悩んでいても前に進まないじゃないですか。
とりあえず、それはそれで置いといてたまに思い出して悩む自分がいてもいいって、許してあげるのはどうですか?

時間がたつと、「あいつ未だに腹立つけど、どうしてるかな?」って気になったりしますよ。
今は、新しい職場に必要とされているんだし、あなたが存在しているから、自分の好きなこともできるのでは?
死ななくて良かったと思った方が楽ですよ。あなたは、存在していていいんです。
それが当たり前のことだから、大丈夫。
過去は過去。これからは、新しい職場で楽しい事を見つけて、時には泣いて、怒って、自分の感情に素直に生きていってください。それが、いつか過去を良い思い出に変えてくれます。

| ゲストユーザ: めぐみん / | | 2013年7月12日 23:05 JST |