ピンクの瞑想

  • 2013年7月10日(水) 16:23 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    3,426
こんにちわ。
セラピストの寛美です。
久しぶりのコラムになります^^
 
今年は梅雨明けがとてもはやく
すでに激暑な日々が続いてますが
水分や適度な塩分の補給、
睡眠を充分に摂るようにして
熱中症には気をつけてお過ごしくださいね。
 
 

さて、ここのところのセッションでもそうですが
世の中的、地球的に
いまとても不安や恐れのエネルギーが強まっている
そんな感じがします。

恐れから怒り、嫉妬、攻撃性が強まったり
暴力などもそうですが男性性、
知性の強い方は言葉で論破して
エゴを押し出してしまい、相手を傷つけるような
言葉を言い放ちあとで後悔してしまったり...

家族やパートナー、友人
職場での上司や部下との関係が
うまくいかない。
思っていることがうまく伝わらない、
認められたいという気持ちが強い場合は
存在を否定されているような気持ちになったり。
本当は甘えたいのに、素直に甘えることが
できなくて逆に攻撃してしまう...。

そんな気持ちに客観的に自分自身が
気づく事ができなくて混乱して
心が疲れてしまっている状態
なのかもしれません。。



そんな時は少し時間をとり
ピンクの瞑想をしてみましょう。

柔らかいピンク色のヴェールで
身体全体がすっぽりと包まれている
自分をイメージしてみてください。

目を閉じて、深呼吸を何回かしてみましょう。
しばらくそのピンク色のヴェールに
包まれている状態の中で
リラックスして過ごします。

 

何かイメージが浮かんでくるかもしれませんね。


子供の時にお母さんに
やさしく抱きしめられている時のイメージ。
パートナーに優しくハグされているイメージ
など....


もしくはそんなふうに優しく抱きしめてもらい
たかったという子供の頃の気持ちが
浮かんでくるかもかもしれません。
お母さんに言葉で厳しく叱られて育った方などは
自分の甘えたい気持ちを心のどこかに
抑え込んだまま大人になっているかもしれません。

そっと自分を両手で抱きしめてあげて
「気づいてあげられなくてごめんね、
教えてくれてありがとう」と伝えてあげましょう。

身体全体に、そしてハートにも
深呼吸しながらピンク色のエネルギーを
たくさん吸い込みます。
そして手放したい悲しみや怒りなどを
吐く息とともに身体の外に思い切り出します。
この呼吸をしばらく続けてみましょう。

あなたの傷ついたまま満たされていない
インナーチャイルドを
ありのままに受け入れて
たくさんたくさん癒してあげましょう。

気づいた時や、時間のある時に
などにピンク瞑想してみてくださいね。

ブルーバージョンもおすすめですよ。
その日の気分によって
ピンクをブルーにチェンジして
瞑想してみてくださいね。


自分を否定したりせずありのままに認めて
あげられるようになると、
自然と身近な人や周りの人も自分とは違う
性格や価値観、個性を持ったひとりの人間なのだと
寛容な気持ちで認め受け入れられるようになってゆきます。


心に安らぎや、ゆとりがすこしずつ戻ってきますように... 


 

最後までお読みくださいましてありがとうございます。
 
 

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加