東北地方太平洋沖地震に想う

平成23年3月11日午後2時46分、いつもなら簡単に
収まる地震の揺れが、かえって激しくなる。

これはただごとではすまない。
死ぬかもしれない。

社員とともに、事務所を脱出して駐車場に向かう。
色々な建物から人が飛び出してきた。

みんな恐怖におののいていた。
東日本大地震に見まわれた瞬間だった。

なぜこんな事が起きたんだ。
これからどうなるんだ。
不安がよぎった。

まわりの景色が
ストップモーションンのように止まって見えた。




そして32年前のことが頭に浮かんだ。
忘れもしない、水戸駅前の公衆電話で受け取った連絡。

取引先が倒産。

父の会社で4億4千万の不良債権が
発生するという内容だった。

地震ではなかったが、私の頭の中で
同じ様に一瞬時間が停止した。

そして事態が少し収まってくると
反比例するように不安は増幅した。

そして父の会社はその当時
県内史上最高の負債額30億で倒産した。




倒産の事実を本心から受け容れるのに
10年もの時間を必要とした。

長い長い暗闇だった。

なぜ私にだけこんな
災いがふりかかるんだと自分で自分を追い込んだ。

そして自暴自棄になり野良犬のように
飲み屋街をさ迷い歩いた。

ある日ふと心の中から叫ぶ声が聞こえた
『もういい、もう十分苦しんだ』
自然に涙がこぼれてきた。

自分の周りに起こった事を
全て受け容れて生き直そうと思った。




いま未曾有の災害を経験して思う。
これから苦しく大変な時間が長く長く続く。

日に日に将来に対する不安が募ってくる。
希望の灯りが見えてくるまで試練の毎日が続くだろう。


人間誰しも不運な人生を望む人はいない。

しかし自分が
幾ら真面目に努力しても

思いもかけぬ災難に
会う事がある。

時の運が味方せず思いもかけぬ窮地に
追い込まれる事もある。


しかし私は自信を持って言える。


いま良い事が
永遠に続く保証もないし

いま悪い事が
死ぬまで続くわけではない。


状況は常に変化している。


だから良い時には決して奢らず
悪い時こそ挫けず希望を持つ事だ

諦めないで努力を続ければ
必ず人生の活路は必ず開ける。


だから不運な人生だと悲観してはいけない。


こころの重荷に耐え切れなくなったら
こころが折れそうになったら

全て心の内を吐き出せばいい。
吐き出していい。


泣いてもいい。
弱音をみせていい。
辛いと言っていい。


自分ひとりで
荷物を抱え込んではいけない。

重たくなったら
その荷物を降ろしていい。


毎日毎日出来るだけのことを
精一杯続けていけばいい。


それはやがて生きる力になっていく。


その先に間違いなく希望に満ちた時間が待っている。

その日まで皆で一緒に頑張ろう!

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加