●私が自分の人生はうまく行ってないと  認めたから起こったこと

●私が自分の人生はうまく行ってないと
 認めたから起こったこと



偶然だろうと、必然だろうと
丁度30歳の時に
私の人生を台無しにするような
事実が発生した。

父の会社が倒産
家も土地も金も何もなくなり
残ったのは
巨額の返済すべき借金だけだった。

変な話だが
そんな現実を本心から認めるのに
それから
10年もかかった。

こんな一方的に不幸なことが
私に起こるわけは無い。

確かに大変な問題だが
やがては何かしら良い事も
起きるだろう。

しかし何も起こらなかった
何一つ良い兆しは起きてこなかった。




◎正直言えば怯えていた。


自分の人生に問題がある事を
認める事は難しかった。

認めなければ
毎日何とか気持を誤魔化しながらでも
過ごしていける。

しかし認めた時から
現実から逃げられなくなる。

自分に嘘を突き通して
自滅するか

苦しいけれども
自分に刃を突き立ててでも
変化を起こすか

痛みを伴う作業だとわかっていたから
直ぐには答えを出せなかった。

自分に問いかけた。

再建会社を再度破綻させたのは
能力がなかったからではないのか?

いまおかれている状態は
八方塞がりなんではないのか?

その原因は
自分の考えを正直に認めず
逃げ回っていたからではないのか?

本当は全てわかっていた。
正直に認めて
その結果大きなプレッシャーを
受ける事になるのが怖かった。

残酷なまでに自分を赤裸々に
告白すると

自分が予想していた状態とは
全く違った展開になった。



まず気分が軽くなった。

自分が間違っていることは
直そうと言う気持になった。

自分に能力が無い事を
言い訳にもしなくなった。

自分が今
どういう状況にいようと
その責任は全て
自分にあると思えるようになった。

優秀な賢い人間には
生まれてこなかった。

しかし失敗ばかりの人生は
「自分は変われれるんだ」という
キッカケを私に与えてくれた。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加