●私が選んだ生き方

●私が選んだ生き方



30才で再建社長になった時は
その不運な現実に打ちのめされていた。

自分で造った財産でもないのに
その全てを失ったことで落胆していた。

そして自分の周りに
起こった事実にばかり捉われていた。

元に戻るはずも無いのに
そんな妄想ばかりしていて
意味のない気晴らしをしていた。

そんな心が腐った生活が
10年も続いた。

苦しくて苦しくて
そんな自分を支えきれなくて
起こった事実は
全て受け容れる事にした。

家も車も預金も・・・
毎月きちんと振り込まれた給料も・・・

社長の息子として
完全に保証されていた様に思えた
楽な人生など
影も形も無くなってしまったことを・・・

全て認めた。認めざるを得なかった。
もう何一つ元に戻る事など有り得なかった。



◎生きる姿勢は
 自分で選べる事に気がついた

何もかも無くした事を
全て受け容れると
不思議な事に心が軽くなっていた。

「何かを失う恐怖や不安に
おののく日をおくらなくてもいいんだ」

その日から変わった。

私は「どう生きたいか」などと
それまでの人生で考えた事が無かった。

妻と子の為に生きようと思った。
それで自分は変われた。

いま人生で
一番前向きに生きている自分がいる。

自分がこれから
どう変わっていくんだろうと
わくわくして
日々をおくっている。




30歳の時には
自分の身に降りかかった現実に
雁字搦めに縛られていた。

何と不幸な人生だと悲嘆に暮れていた。

しかしいま60歳を超えて
感じる事は

不運な人生だったけど
少しも不幸な人生ではなかった
ということだ。

生きる姿勢が大事だった。

自分に無いものを
振り回していてもどうにもならない。

自分が持っているもので
勝負すればいい。

それでも充分に
幸せな人生をおくる事ができる

生きる姿勢は
毎日自分で選ぶことが出来るのだから・・・

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加