●私に向いた仕事は、生き方は

●私に向いた仕事は、生き方は



特に深く考える事も無く
父の経営している会社であれば

楽な思いをしながら
楽な人生を送れるだろうと
安易な気持で入社した。

丁度30歳になったとき
負債30億で倒産という事態になり
そんな甘い予想は
木端微塵に砕け散った。

それから10年
苦闘の再建社長時代に分かった事は
自分が他人より
秀でたものは何も無いということだった。

この仕事は
自分がやりたい仕事なのか
この仕事は
どんな見返りが期待できるのか

そんな事を突き詰めて
考えられる状態ではなかった。

再建会社を整理して
新たな会社を立ち上げた時も
同じ様な選択だった。

この仕事ならと狙いを定めて
仕事を決めたわけではなかった。



◎失敗ばかりの人生だから成長できた。

いま振り返ってみても
その仕事を
未だ経験していないのに
それが出来るの出来ないのと
わかるわけがない。

何十年も失敗や挫折を経験した
いまならば

どんな仕事が向いているのか
おぼろげながらも掴む事は出来る。


むしろ失敗したからこそ
自分の長所や短所も納得して
認める事が出来る。

例えるのにはちょっと
無理があるかもしれないが
妻との結婚も
同じ様な事がいえる。

この人一緒になって
本当に幸せになれるのか

恐らく妻は
そんな不安を持ちながら
一歩踏み出したに違いない。

それからの倒産劇や
7回を数えた引越し経験など
本人からすれば
「聞いてないよ!」と
言いたいところだろう。

結婚も働く事も
何かも予想通りに行く事などなく
むしろ苦難や試練を
背負い込むことだって少なくは無い。

しかし起こった事実にどう反応するかで
その後の人生は変わってくる。




いま自分の人生を振り返って
後悔は無い。

その時々に
もうこれ以上のことは考えられないと
自分が自分の責任で選んだ
結論だったからだ。

だから苦しくても辛くても
いまさら人のせいにはしない

結果の良し悪しはある。
お金があるとか無いとかもある。

しかしそれぞれの能力の問題もある
運の強い弱いもあるだろう。

何もかも自分の
思い通りにはいかないのが人生だ。

だから将来の自分の為に
一歩を踏み出す事のほうが大事だ。

自分で選んだ人生だからこそ
どんな結果が出ても納得できる。

失敗しても
リベンジ出来るのだから・・・

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加