●失敗続きの人生で私が見えてきたもの

●失敗続きの人生で私が見えてきたもの



再建社長で失敗して本当に
丸裸になった。

何か悟りを開いて
無欲の人生を送るのかと
想像していたら

実際はとんでもない話で
お金も欲しい。
土地も欲しい。
家も欲しい。

そういう本音を
話すか話さないかの違いだけだった。

それでも改心して
以前よりも汗をかいて働いた。

しかし現実は甘くないから
サッパリ目が出ない。

相応の努力もしないで
結果を求める。

他人と比較して羨む。
自分に無いものを欲しがる。

自分の実力を思い知らされて
幾らかは正気になったが

本質的なものは何も
変わることはなかった。



◎自分の生きたい形

人の悩み相談を
受ける仕事を始めて

ようやく自分の
心と対話するようになった。

自分が
どう生きたいのか・・・

自分が
どういう人生を送りたいのか・・・

60才を越えて
今更生きたい形がわかって
それでどうなるのか?

そんな風に思われても
しょうがない。

しかし今までの人生は
何かを欲しがっていただけで

こう生きたいなどとは
思ったこともなかった。



もちろん物欲は
消えているわけでもなく

3億円の宝くじが当たった
夢を見るのも一度や二度でない。

しかし人が幸せに
なる事の手伝いをすると
やたら自分も
幸せな気持ちになれる。

あのいい加減な
生き方をしていた私が

人が幸せになる
手伝いをしたいという気持ちで
毎日を生きているとは・・・

人間は変われるんだと
いま実感している。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加