●失敗続きの人生で変わったものは

●失敗続きの人生で変わったものは



失敗して挫折して
そんな自分をようやく受け容れて

何と出来ない自分なんだと
認めることが出来たのが丁度40歳。

何とか勇気を奮い起こして
人生に立ち向かって
20年以上の時間が経った。

相変わらず失敗は続いている。
流石に原因は自分でもわかる。

ひたむきな努力をしない
成り行きまかせ。

多くの結果は期待するけど
それに見合った努力はしなかった


●生きる姿勢

努力もしないで
甘い結果ばかり求めていた。

だから足元がふわふわしていて
勝負に出ても

失敗が口をあけて
待ち構えている感じになる。

当然結果は伴わない。
あぁヤッパリ駄目だったと思う。

だから失敗経験が
何の肥やしにもならなかった。





必要なのは勇気だった。

多くのものを得たければ
努力をして
ありったけのエネルギーを投入して

それだけのリスクを負わなければ
いけなかった。

努力と勇気と実行の3点セットで
事に当たれば

同じ失敗しても
まったく後味が違う。

やる気を出すには
どういう風にすればいいのかと

ぐだぐだ考えているより
やってしまった方が早い。


性格は変えられないけど
生きる姿勢は変えられることに
ようやく気がついた。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加