●失敗を重ねたのに なぜ考え方がぶれなくなったのか

●失敗を重ねたのに
なぜ考え方がぶれなくなったのか



父や同族の幹部が不正な取引きに
手を出した事が

会社が負債30億で倒産した
直接の原因だった。

しかしその後に再建社長で
迷路に自分から入り込んでしまったのは

私自身の考え方の間違いに
よるものも大きかった。

不正な取引に
自分自身が直接加担していたわけではない。

しかし自分の立場ばかり擁護して
他者を責めてばかりいた。

そのツケが
やがて廻って来る事になった。



◎自分や自分の周りに起こった事は
自分にも責任があることに気づいたから

思いもかけず再建社長の
指名を受けて呟いた。

「あぁ体を張ってでも不正な取引きを
止めさせておけばよかった」

事が起きてしまってからでは
何を言ってももう遅い。

それからの10年間は
七転八倒の苦しみを味わうことになった。




失敗をした時には
相手が悪い場合もある。
周りが悪い場合もある。

しかし自分以外に
多くの失敗の原因があるからといって

なぜわからないんだ!
なぜ理解してくれないんだ!
と相手に幾ら訴えても

それを変えていくのは
容易なことではない。

だからまず失敗した原因の究明は
まず自分の責任から考えることにした。

失敗したことを改善していくのには
人に求めるより自分が変わる方が
ずっと簡単に出来ることがわかった。

失敗をしたから
気がつくことが出来た
自分の生き方だった。

そこが自分が生きていく為の
ぶれない軸になっている。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加