●失敗と挫折を経験してその先に見えてきたものは

●失敗と挫折を経験して
その先に見えてきたものは



私が30歳のときに
父の会社が倒産した。

当然の如く
形あるものも無いものも
全てを失った。

それからの日々は
失ったものを取り戻そうと
必死であがいていた。

自分の身に起こった
不運な出来事にばかり捉われていた。

だから余計苦しくなって
10年間悶え苦しんだ。

そして
現実を全て受け容れた。

いや
受け容れざるを得なかった。



◎一見マイナスに思える様なことも
考え方一つでプラスになること

自分の弱さを
認めることが出来なくて

自分の本当の姿が見えて
いなかった。

コテンパンに失敗して
挫折した自分を丸ごと認めたことで
逆に自分の良さにも気がついた。

詰めの甘い
アブアウトな性格だから

丸裸になっても
「何とかなるさ」と腹をくくって
生きながらえる事が出来た。

経営のセンスも能力も無いのが
よぉ~くわかったから

自分に出来無い事は
頭をさげて誰かに頼まなければ
成就しないことがわかった。

どうしたら成功するかは
100%語れないけど

「こうしたら必ず失敗するよ」
ということは幾らでも教える事ができる。





大事なことは
自分の人生で何が起こったかと
いうことにばかり捉われないで

起こった事実にどう対処して
生きるかということだった。

だから失ったマイナスを
減らすことよりも

それで得たプラスの新しい自分を
フル回転して生きて行こうと思っている。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加