●なぜ失敗人生に反転攻勢をかけることが出来たのか

●なぜ失敗人生に反転攻勢を
 かけることが出来たのか



人は仕事をする為に
生きているのではなく

豊かな人生を
送る為に仕事をしているんだと
いまは思うことが出来る。

しかし再建社長時代は
難行苦行の連続で

そんな事は建前論だとしか
考えられなかった。


周りは頑張れ頑張れと言うが
自分はもう充分頑張っているのに

これ以上どう頑張るんだと
憤っていた。

でも乗り越えなければいけない
とも思っていた。

結局は乗り越える事など
全くできず

失敗と挫折の
記憶だけ残った10年間だった。



◎自分の利益にばかり捉われていて
肝心なことが見えていないのに気がついたから

10年間の
再建社長時代の経験で

否応無く自分の
能力の無さは知らされた。

能力が無いのだから
再起の道は
ひたすら努力するしか
無いと思った。

しかし世間はそう甘くなく
10年やそこらの努力では
華々しい成果など出るはずもなかった。

新しい事業を始めて15年が経ち
55才になったころ

自分の人生は
まぁこんなもんだろうと
少し諦めの気持が
出始めていた。




そんな時に縁があって
色々な人の相談を受ける仕事を
始める事になった。

人がが幸せになる
手伝いをすると

自分も幸せな気持になって
生きられることがわかった。

生きるエネルギーが
湧き出してくるがわかった。

前向きに生きる気持に
なってくるのがわかった。


仕事にも前向きに
取り組めるようになった。

自分の利益ばかり考えて
失敗を重ねていた人生だった。

人の為になる事は何か・・・
人の手助けに何が出来るか・・・

そう考える事で
何か壁の様なものを
突破する事が出来た。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加