●なぜ自信喪失状態の自分から脱出することが出来たのか

●なぜ自信喪失状態の自分から
脱出することが出来たのか



結論から先に言うと
全て自分の心の内の問題だった。

30才で再建社長になるまで
人生で起こる色々な問題に

自分一人できちんと
向かい合うことがなかった。

現実に目を背けているのだから
トラブルに遭遇しても

解決に向けて
闘うというような話にはならない。

そこで倒産、再建という
大変な事態になった。

再建社長になっても
その精神的な弱さは変わらず

逃げの一手で、自分の心の負担を
自分でどんどん増やしていった。



◎人生では何が起こったかというより
 それに対処して
 どう生きたかと言うことのほうが
 大事なんだと気がついたから

父の会社が負債30億で倒産した。
思いもかけず再建社長になった。

個人も含めて
あらゆる資産を処分して丸裸になった。

自分の人生で起こった
不運な出来事を嘆いた。悔やんだ。

こんな父の基に生まれて来なければ
再建社長など引き受けなければ

あのときあぁすれば
あのときこぉしていれば

他人も恨み自分も恨み
最後にはどう生きればいいのか
まるでわからなくなった。




倒産して再建社長になったのは
確かに不運な出来事だった。

でも生きていれば
多かれ少なかれ
何かの問題にぶちあたる。

まるで何も無い人生など
有り得ない話だ。

だから起きた事実にばかり
捉われていたら

命が幾つあっても足りない位
自分を痛めつけてしまう。

だから「困ったこと」が起こった時
困った、困ったと逃げ回っていないで

それに「どう対処するのか」という事に
切り換えなければいけなかった。


そんなことに気がつくのに
10年もかかった。

そんなことに気がついても
経営というのは能力の問題もあるから
その後の成果も果果しくない。

しかしどう生きればいいのかは
少しわかってきた。

自分以外の何かの力が働いて
自分が不幸になるのではないと
いうことがわかった。

苦しみの原因は
常に自分の心の姿勢が
大きく影響すると
いうこともわかった。

60才を過ぎて
いま自分の人生を振り返ると
不運ではあったけど
不幸な人生ではなかったと想う・・・

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加