●なぜ「一攫千金」と呟かない様になったのか

●なぜ「一攫千金」と呟かない様になったのか



再建社長時代は
「一攫千金」とか「濡れ手で粟」とか
よく呟いていたわねと妻に言われる。

何から何まで処分して
スッカラカンになったから・・・

それも外れてはいない。

でも本音を言えば
苦しみから逃れたいから

一瞬でも苦しみから逃れたいから
そんな刹那的な事を言っていた。

直ぐに効果が出る事
凄く大きな事
そんな事をばかり思いつく。

でも所詮思いつきだから
「やっぱり無理だから」とか
「タイミングを逃した」とか
出来ない理由も簡単に見つけてくる。

そんな事を10年間も繰り返して
精も根も尽きて疲れ果てた。

車のバッテリー切れの様に
スゥ~ッと心のエンジンが止まった。

再建会社の消滅を決めた時の
心の動きはそんな感じだった。



◎諦めないで少しづつ歩く
生き方もあるんだと気がついたから

自信がないから
こらえ性も無くなってくる。

自信がないから
一発逆転満塁ホームランを
期待する。

自信がないから
派手で人目につくような
仕掛けばかり考える。

そんな行動は
ことごとく裏目に出た。

そして落ち込む。
尋常では無いほど落ち込む。

そんな辛い状況を
抜け出す事が出来たのは

何でもいい
小さな事を継続してやる
という事だった。




人の能力はそれぞれに違う。
人の体力もそれぞれに違う。

だから少しづつやればいい。

休まないで、辛抱しながら
少しづつ進めばいい。

どんなことでも
毎日欠かさずやれば
それは自信に繋がっていく。

今まで見落としていた
無くてはならない大事なものにも
気がつくようになる。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加