●失敗して追い詰められた人生から どうして抜け出せたのか

●失敗して追い詰められた人生から
どうして抜け出せたのか



持って生まれたいい加減な性格や
甘やかされた育ちもあって
30前はかなり世間をなめていた。

しかし父の会社の倒産で
30才で再建社長になると

否応なしに現実の厳しさを
叩き込まれた。

それまで只の一度も
自分の人生ときちんと
向かい合った事が無かった。

だから辛い気持ちや悩みを
乗り越えようとした事も無かった。

それがまるで逃げ場の無い
状況に押し込まれて

再建を果たそう
再建を果たさなければいけないと
真剣に思いつめていた。

希望のある朝を迎えた事など
一度も無く

だんだん塞ぎ込む日が
多くなってきた。

「再建に失敗」と言う文字が
いつも頭の中にあった。

とてもこれは
乗り越えられないと思った。


◎頑張らないほうが
上手くいく場合もあると気が付いたから

私は努力もしない
本来いい加減な人間だけど
かなり真面目に頑張った。

人生で初めてと言うくらい
必死に頑張った。

頑張れば頑張るほど
気持は追い詰められていった。

再建をスタートしてから
10年目に完全に立ち往生した。

どうにもならない自分に耐えられなくて
生まれて初めて辛くて涙を流した。

「もうこれ以上頑張れない」
「もうどうにでもなれ」と思った。

そうでも思わなければ
不安で心が爆発しそうだった。

人生ではどうしても
乗り越えられない事もあるんだと
身に沁みて感じた。


自分は能力の低い社長だと思った。
能書ばかり語って
有言不実行の酷い社長だと思った。
だから弱音も愚痴も
どんどん吐き出してやると思った。

「どうなってもいい」と思った。

すると今までガチガチに凍っていた
辛い気持がほぐれてきた。

辛い気持ちを
消し去ろうと思っていたが
それを認めて受け容れた事で
こころが楽になった。

努力もしないで逃げ回っていても
生きている上での多くの問題は解決しない。

じかし自分がやるだけの事を
やった上での躓きだったら

「何とかなるさ」と気楽に
思うことも必要なんだと気がついた。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加