離婚サポートの流れvol.1

離婚サポートの流れvol.1
「悩み辞典」上手な活用法

「離婚」は、勇気ある人生の新たな一歩と考えています。しかし、離婚を勧めたり、止めたりはしません。
離婚する、離婚しないの最終決定は、当事者である夫婦だけが可能な決断だからです。
 
 離婚サポートvol.1 離婚・事前準備サポート 
 離婚サポートvol.2 離婚の段階別サポート  
 
離婚サポートvol.1

(1)離婚は、ある意味簡単です。離婚届を役所に提出すれば成立します。

「一時の感情まかせて・・」
「離婚さえできればそれだけでいい・・」 
「あとは野となれ山となれ、まず、離婚しちゃえ」
でいいのですか?

「失敗しない離婚」、「後悔しない離婚」をするためには事前の準備が必要です。
できるだけ早い段階で、当事務所に限らず「専門家のサポート」を受けるようおすすめします。


(2)離婚に伴う諸問題の解決策を前もって準備する。

ⅰ専業主婦の場合は、離婚後の経済的自立について具体的に見込みをつけることが必要でしょう。

ⅱ子の親権については、別居する場合手元で一緒に暮らすほうが有利になります。また、状況によっては親権と監護権を分けて、監護権だけをとることも検討課題です。

ⅲ養育費について、いつまで負担するか(させるか)、万一不払いに陥った場合の対策も考えておくべきでしょう

ⅳ住宅ローンの残っている住宅をどうするかも、具体的な対策を考えておく必要があります。

ⅴ浮気や不倫など異性問題がからんでいるときは、配偶者とその相手に対する慰謝料請求をどうするか、請求する場合その証拠をつかんでいるかどうかがポイントになります。

ⅵその他、それぞれのご夫婦特有の検討課題が、まだまだあるはずです。


(3)明日に向かって、希望の一歩を踏み出しましょう。

一時的な、恨みつらみ、感情的なしこりとは別の視点で、冷静に考え、有利に離婚を進めるために、あなたが必要とする「専門家」の力を借りましょう。

心の問題ととらえ、「専門家」のカウンセリングを受けたり、法的な問題ととらえ「離婚法務の専門家」のアドバイスをうけたり、そして、明日に希望を持って一歩踏み出しましょう。

悩み辞典には、いろいろな分野の専門家の方が登録しておられます。

あなたが必要とする「専門家」を選び、文字通り明日が「明るい日」となりますよう、願っております。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加