虐待

  • 2012年5月14日(月) 18:35 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    3,164
子供の頃に親から虐待を受けた人はたくさんいますが、なぜ親は子供を虐待するのでしょうか?

「親は殴りたくなったら子供を殴る権利がある」
と主張する親もいます。

しかし、子供はサンドバックではありません。
チョットした態度や言葉使いが気に入らないといい、親に殴られる子供。

そのように育てられた子供の心はどうなるでしょうか?

親を恨むでしょう。
反抗しだすかもしれません。

そして、その子供がやがて大人になり、自分の子供を持つようになると、親から受けた暴力を自分の子供にするようになります。

物理的な暴力は分かりやすいですが、精神的な暴力
はわかりずらいです。

それは、愛情という名の暴力だからです。

たとえば、子供の成績は悪かったとします。
親はその成績表と見てがっくり肩を落として落ち込みます。ため息をついてから、ガミガミ怒ります。

子供は、すでに自分の成績を見て落ち込んでいます。
そして、その成績表を親にみせて、がっかりした親の姿をみて、再度落ち込みます。

子供のこころに何が起きているかというと、劣等感が植え付けられるのです。

これは、分かりずらいですが、精神的な暴力です。

そして、自分の子供にもこのような態度で接してしまい、知らず知らずのうちに、また劣等感を植え付けてしまいます。

このような劣等感は、親子代々受け継がれるのです。

子供の成績が悪いからといって、がっくり落ち込むのはやめましょう。
そうすれば、子供に劣等感を植え付けずにすみます。

もっと見る

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


新規会員登録

私が「悩み辞典の使い方教えます。」管理人さんに相談はこちら