ピンクの瞑想

  • 2013年7月10日(水) 16:23 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    3,536
こんにちわ。
セラピストの寛美です。
久しぶりのコラムになります^^
 
今年は梅雨明けがとてもはやく
すでに激暑な日々が続いてますが
水分や適度な塩分の補給、
睡眠を充分に摂るようにして
熱中症には気をつけてお過ごしくださいね。
 
 

さて、ここのところのセッションでもそうですが
世の中的、地球的に
いまとても不安や恐れのエネルギーが強まっている
そんな感じがします。

恐れから怒り、嫉妬、攻撃性が強まったり
暴力などもそうですが男性性、
知性の強い方は言葉で論破して
エゴを押し出してしまい、相手を傷つけるような
言葉を言い放ちあとで後悔してしまったり...

家族やパートナー、友人
職場での上司や部下との関係が
うまくいかない。
思っていることがうまく伝わらない、
認められたいという気持ちが強い場合は
存在を否定されているような気持ちになったり。
本当は甘えたいのに、素直に甘えることが
できなくて逆に攻撃してしまう...。

そんな気持ちに客観的に自分自身が
気づく事ができなくて混乱して
心が疲れてしまっている状態
なのかもしれません。。



そんな時は少し時間をとり
ピンクの瞑想をしてみましょう。

柔らかいピンク色のヴェールで
身体全体がすっぽりと包まれている
自分をイメージしてみてください。

目を閉じて、深呼吸を何回かしてみましょう。
しばらくそのピンク色のヴェールに
包まれている状態の中で
リラックスして過ごします。

 

何かイメージが浮かんでくるかもしれませんね。


子供の時にお母さんに
やさしく抱きしめられている時のイメージ。
パートナーに優しくハグされているイメージ
など....


もしくはそんなふうに優しく抱きしめてもらい
たかったという子供の頃の気持ちが
浮かんでくるかもかもしれません。
お母さんに言葉で厳しく叱られて育った方などは
自分の甘えたい気持ちを心のどこかに
抑え込んだまま大人になっているかもしれません。

そっと自分を両手で抱きしめてあげて
「気づいてあげられなくてごめんね、
教えてくれてありがとう」と伝えてあげましょう。

身体全体に、そしてハートにも
深呼吸しながらピンク色のエネルギーを
たくさん吸い込みます。
そして手放したい悲しみや怒りなどを
吐く息とともに身体の外に思い切り出します。
この呼吸をしばらく続けてみましょう。

あなたの傷ついたまま満たされていない
インナーチャイルドを
ありのままに受け入れて
たくさんたくさん癒してあげましょう。

気づいた時や、時間のある時に
などにピンク瞑想してみてくださいね。

ブルーバージョンもおすすめですよ。
その日の気分によって
ピンクをブルーにチェンジして
瞑想してみてくださいね。


自分を否定したりせずありのままに認めて
あげられるようになると、
自然と身近な人や周りの人も自分とは違う
性格や価値観、個性を持ったひとりの人間なのだと
寛容な気持ちで認め受け入れられるようになってゆきます。


心に安らぎや、ゆとりがすこしずつ戻ってきますように... 


 

最後までお読みくださいましてありがとうございます。
 
 

もっと見る

家庭の中での小さな親切

  • 2012年2月 8日(水) 15:40 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,533
こんにちわ。

久しぶりのコラムになります。
今年もはや二ヶ月が過ぎました。
昨年より引き続き
ご相談をいただきまして、
どうもありがとうございます。

あいかわらず地震が多く、
寒さも厳しく日本海側や東北地方は豪雪
にみまわれて心配な日々が続きます。
災害に対する避難用品や避難場所の
確認などは引き続き行っておく必要な課題です。


2012年は数秘で「5」の年です。
5は人間や絆、変化を表す数です。
昨年と同様に人と人との絆が
テーマになるでしょう。
一人一人が日常の中で、
「自分ができること」を意識して過ごす事が
大切になってきます。
そして、一時的なことではなくそれを
深く自己の中に根付かせて行くことです。

今年お勧めしていることは
小さい社会である「家」の中を
今一度見つめ直すことです。
家の中での自分の役割についてです。
本当はできるのに、してもらえるから...
と、ついつい甘えてしまっている
ことはないでしょうか。
それを自分で再認識して出来ることを
行っていくことです。
いつも奥さんやお母さんに
当たり前のようにしてもらっていることって、
たくさんありますよね。
その中の何かひとつでもいいので、
自分がしていくのです。

そのひとつの行動が相手を労る気持ちとなり、
優しさ、愛情表現となっていくのです。
「いつも忙しいのにありがとう」という
感謝の気持ちをたくさん交換していくことで
家の中は自然と明るくなり、
エネルギーに満ちていきます。
夫婦関係は良くなり
お子さんがいらしゃる場合は、
そのエネルギーがお子さんへと伝わり
心身の健康へと繋がって行きます。
そして
その家の中での小さなポジティブな変化が、
社会における大きな変化と
繋がっていくのではないでしょうか。

景気は後退し、自然災害なども多いですが
こんな時こそ
家庭の中での小さな親切を忘れずに、
身近な存在である家族との間の絆を深め、
ポジティブな変化を起こせますように...



寒い日が続き、
インフルエンザなども流行しておりますが
体調には気をつけてお過ごしください。





Yurai(ユライ)







もっと見る

おひさしぶりです。

  • 2011年6月17日(金) 13:47 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    3,344


もっと見る

書籍紹介

  • 2010年9月17日(金) 20:05 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    4,140
こんばんわ。

今年の夏は記録的な猛暑で毎日の気温を見るのが
いやになるような日々でしたね。
やっとここ数日で暑さの方もおさまりはじめ
秋を感じられるようになってきました。

急激な気温差で夏の疲れなども出やすいので
体調には気をつけたいところですね。

悩み相談の方にたくさんのご相談メールを頂きまして
ありがとうございまいます。
一通、一通目を通させていただいて
ご相談者様がどんな気持ちでこのメールを
書かれているのかなぁと感じながら
いつも拝見してご回答させて頂いております。

相談内容を拝見しておりますと、
前回のコラムで書かせていただいたことと
重複してしまう部分がありますが、
自分を好きになれなかったり
人が恐かったり、人との関わりかたの難しさを
感じられている方が多いように感じております。
ほとんどの原因が育った環境の中で
作ってしまったものだと思われます。
わたしが細かく書くよりも、
詳しく書かれている本がありますので
そちらを紹介させていただきます。
わたしも読みましたが、
現在の自分自身が好きになれない、
自信がない、人が恐いなど感じられている方など
読まれていると重なる部分があり
解決に繋がっていくかもしれません。
参考までにですが
よろしければ本屋さんやネットショップなどで
探して読んでみてくださいね。

・家族依存症 斉藤学 著
・アダルトチルドレンと家族 斉藤学 著
・インナーチャイルド 
 本当のあなたを取り戻す方法 ジョン・ブラッドショー 著
・ひとりでできるヒプノセラピー 小瀬村 真弓 著

ヒプノセラピーの本に関しては
自分でできる簡単な催眠療法のCDも
ついてますので聞いてみると良いかもしれないですよ。
※中学生や高校生にも分かりやすく書かれています。

私の方でも有料ですがメールでのカウンセリング、
カラーセラピーのセッションも行っております。
より深く自分のことを見つめ直し、
傷ついた部分を癒すことで古い価値観を手放し
新しいものごとの捉え方を身につけて
だんだんとあたらしい自分、
本来の自分に戻ることがにできるように
なってきます。

遠方の方で実際に対面で受けられない方も
メールのやりとりでカウンセリングを
行っておりますのでご興味のある方は
ご連絡お待ちしております。
claritygrace44@yahoo.co.jp



Yurai(ユライ)

もっと見る

いまの自分を大切にしましょう。

  • 2010年6月24日(木) 14:40 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    3,541
6月も後半になりましたね。
今年の梅雨は晴れ間もたびたびありますが、
天候の変化のせいで体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。
雨の時期はあまり得意ではありませんが、
紫陽花が綺麗に咲いているのをみると
「またこの季節がきたのだなぁ」と微笑ましく思います。


「悩み辞典」さんで相談を開始させていただきまして2か月が経ちました。
お悩みを寄せて頂きまして大変嬉しく思っております。
日ごろなかなか接することのできない中学生・高校生の方とも悩み辞典さんを通して
お話することができて嬉しいです。

今回は日々相談をお受けしている中で一番感じていることについて書いてみます。
相談をお受けしていると「自分が好きではない」という部分が
根本的にあることで「自分に自信を持てない」方がとても多いです。

それはおそらく生まれ育った環境が大きな影響を与えているのだと思います。
小さい頃を少し思い出してみて下さい。

お母さんやお父さんにたくさん褒められたり抱っこしてもらえましたか?
何か失敗した時にきつく叱られた経験がたくさんありますか?
それとも「大丈夫だよ」と抱きしめてもらえましたか?
なにか感じていることを話したいと思った時に、
お母さんやお父さんはしっかりと話を聞いてくれましたか?

こういった経験の中での寂しさや孤独感、傷ついた経験が多いと
素直な子供は自分を責めるようになってしまい自分のことが好きになれなくなってしまいます。
そして大人になってもその部分が癒されなかったりします。
自分に自信が持てないと本当に言いたいことが言えなくなったり、
本当の自分がやりたいことができなかったり、
本来の自分を隠して周囲の人に合わせ過ぎて生活するようになりストレスを溜めてしまいます。

大切なのはどこかで気づいてあげることです。
そのタイミングはあなたが「そうだったかもしれない」と思った時でよいのです。
「子供の時、きっと自分を責めていたね。ごめんね。もっと自分を大切にするね」と
自分自身に話しかけてできたら抱きしめてあげましょう。
これはセルフヒーリングのひとつの方法です。
気づいた時に何度も言ってあげることで
「自分を大切にしてあげよう」という意識が高まりますので、
無意識的にしてしまいがちな「自分を責めるパターン」の思考などを止めるきっかけになります。

あと一日、一度でもよいので寝る前になど「褒める」習慣をつけてあげるのもよいかもしれません。
特別に何かがあった日ではなくても、一日を無事に終えたことに対して褒めてあげましょう。
「今日も一日お仕事がんばりました。お疲れさま」、
「今日も食事やお弁当作り、洗たくとお掃除、がんばりました」など日記などに書いてあげてもよいです。
自分が日ごろ行っている当たり前のことに対してもっと褒めてあげましょう。
大切なのは今のありのままの自分の存在をまるごと認めてあげる。
そのことがだんだんと自分に対する自信につながります。
自分を認めてあげられるようになると、自然にまわりの人も認められるようになりますし、
気遣いや優しさもできるようになってきます。

まずはいまの自分を大切にして、「自分を愛すること」からはじめてみましょう。



Yurai(ユライ)

有料メールカウンセリング(お申込・お問合せ)
claritygrace44@yahoo.co.jp





もっと見る